アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-07
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリダのビーチ

片足が地獄です。
直ぐにそれはやってくるので、救い出しています。
片足が天国です。
皆が僕を救い出してくれているのです。

last dance, last chance.

ゲイサイ16に出ます。私はそれを仕上げなければなりません。
できるか不安です。

昨日私は個人事業主の確定申告と法律の勉強を少ししました。
法律ってのは考えること多いけど、それで皆動いています。
もっと知りたいと思いました。

大人っぽい手と子供っぽい手。
僕は不思議で仕方がない。
スポンサーサイト

night.jpg
promise1.jpg
ひっさしぶりに歌詞をまとめたなあ。曲にはなってない。

「21( third party )」




最後には一人ぼっち
そこに君が立っているだろう
一部始終を見てしまった
どきどきで立っているだろう
大事な人達が 何十人何百人何千何万人
度胸を付けて歩いて行く 何十何百…何億万人

むき出しの長女
もぎたての青春
私じゃ無理だよって青白く笑う
その間コーラ味
また一つ歳を
数えてしまった twenty one! twenty one!
twenty ×3, twenty one!


独りでは生きれないと言う
それが真実だとは思わない
洗脳したがりな貴方は
夢を商売に絡ませてくる
底辺を楽しんでるぜ 何十何百何千万人
ピラミッド、エレベーター使って上がる 何億何兆万人

先を求められる
次は何だ その次は?
まさか、でもね、やっぱ独りじゃないって気付く
その間ソーダ味
目的の為に肉を取り合う
魂の重さは twenty one? twenty one?

夢うつつじゃいられない
背広、その他、叩き起こす
究極のモンスターを 召還! 召還!
フーテン気味の友達
また一人、戦線から離脱
何でだろう?何であろうと twenty one! twenty one!
世紀末の側から twenty one!

「サンタの袋」



夜明け前の約束の中 居たから
サンタの袋は何処で買えるんだ?



悪魔と手を繋いで 君は
ブッチギリでどっか行った
深海の外で消えた 君は
泣いていては追いかけては

叶わない夢なんて ないと
言い聞かせている確かめていく
だから証明して


ホントにそれが向いているのか 紳士なサンタにケチつけた
迷惑してるし傷を付けてるし 気高くボスは文句言った
マニラのようなヴェガスのような どれも罪だとサンタは嘲笑った
重力あるし引力あるし 全部宇宙のお導きさ  
だからトナカイも一緒に
連れて来た


雨は振らない
思っていたけど
見事に明けるまで振った
驚いた
信じられない程の幻想も
科学の進歩によって
現実のものとなった
ゴマ擂ってりゃいいのか
やるせない日々を
易しい色で塗りつぶす
楽しいさ 意外と


札付きの悪は暴走して
ブッチギリのビリで帰って来た
深海の外で消えた 涙
蒸発したんじゃないかと疑ってみては?

この順番は間違って いないと
言い聞かせている確かめていく
だから証明して


悟りを開いた妖精が 真摯なサンタにケチつけた 
納得させる理由をぶつけては テンション上げて去ってった
サハラのようなケニアのような さすがのサンタもマジギレた
転がっているし足跡あるし ついには探偵に職を変えてった
だからトナカイも一緒に
連れて行った



夜明け前の約束の後 居なくなったから
サンタの袋は何処でも買えないんだ


「49」

20091003065732





手をつないで

手をつないで



波の音 月の歌 しくしくと聴いてみる

珊瑚礁の瞳が息の隙間を擦り抜けて

たまに訪れる大きな不安に飲み込まれないでよ

戻れなくなるから

手をつないで

手をつないで



砂の声 月の涙 しくしくと聴いてみる

ずっと居たんであろう鳥肌が強く鳴いた

見わたしてみて続くこと続かないこと沢山あるから

置いてかれても

手をつないで

手をつないで



たまに訪れる大きな不安に飲み込まれないでよ

先に行ったとしても

手をつないで

手をつないで

手をつないで

手をつないで
















-----------

作詞作曲が浮かぶのは大抵夜中です。

クマが尋常じゃないです。

センター試験出願期間が来ました、、、。

受かるのか、おれ、、

あと、スクーリング・パッド映画学部脚本家コースに来週から行きます。

映画のための構想を練ろうかなと思いまして。。

がんばれ、おれ、、。

「 pureness loss death 」

days,
days like the minimalism music
yes,
mayby ( I ) cannot grate live when becoming this my hart

Think, think, think, think, and go::::good thinking
Stop, stop, stop, stop, and over go::::stop to the time

どんな唄も
サウンドオブミュージック
コピーだろうが
替え歌だろうが
届けることを見い出したらそこに生まれる
新しいもの
綺麗だと思う
何回も見てきた


そうだ この気持ちじゃ
いいライブができないな

よく 考えて
時を止めて
もっと 考えて
時を止めたような錯覚

ミニマリズムデイズ
どんな唄も
サウンドオブミュージック
コピーだろうが
替え歌だろうが
届けることを見い出したらそこに生まれる
新しいもの

30分の魔法使い
何回も観てきた


立ち上がり

大体色々考えながら生きて来たけど
大体一度切りだから好きに思っているけど

何処かを旋回している様な
何処かを巡回している様な
何かを振り切った様な
何かを割り切った様な

いつか聴いた事がある様な
いつか聴いていた様な
いつか聴いてしまった様な
どこかを
切り離してしまった様な


--------------



[Tell tell a bow.]
同じリズムで生きて来たはずだが
その話しが出来るのは根っこだけ
不思議な事に雫を落とせば
許された大地に戻って来ていた

Tell tell bows, Tell tell a bow.
雨乞いを無視していては
無限の空中遊泳を楽しんでいた
Tell tell bows, Tell tell a bow.
雨乞いを無理していては
無難な空中開拓を企んでいた

嬉しくない部屋で待って それはきっと変化の時さと
思い入れがあるから好きと呼べる
駄々をこねてすぐに手に入れたモノなどつまらないだろう

嬉しくない部屋が賑やかだ それもすぐに消えて行くのか


遠目から自分を干渉しては
その姿は燃えてないと少し起き上がる

遠目から自分を嘲笑しては
その姿は超えてないと少し起き上がる

ねえ少し後ろを振り向いて
いつもあなたが背いていたものはいつもそこに
ブラウン管の涙は
今日も隣人でもない隣人のニュースを告げる

「 misinterpretation death 」

解散ライブってのはやっぱりつらいもので
それまで一緒にいてくれた人々がいなくなってしまうようで
恋人にふられてしまった気分だ

アイソトープだと思っていた
強い磁力を持って
俺の潜在意識をかき乱す
それはとてつもなかった

体中の震えが聞こえるか
細胞の進路に沿って 記憶を沿って
全てを呼び起こしたい
誤訳せずに君を沿って
伝えたい


昨日行ったライブを再現できるか息を鳴らす
ライターが丁寧に記したのを見ても届かない断片があるなら
味の無いガムを食べているのと一緒さ

アイソトープだと思っていた
強い引力を持って
俺の潜在意識をかき乱す
それはとてつもないんだ

写真でも伝わらない
それは伝わらなかった ああ
体中の震えが聴こえるか
細胞の進路に沿って 記憶を沿って
全てを呼び起こしたい でも
誤訳して君を沿っては
伝わらず


超人類 超人類
それを伝えられる人がいる
俺はそんな人になれたらなあと
俺はそんな人に出会いたい
時間をかけて



「 OVER DRIVE DISTORTION 」

20090821025124



HA- あの子は何処へ行ってまうの?
HA- あの子は何処へ行ってまうの?

よくのわからない事で散々悩み
こうするつもりだったのか かなり不透明だ

HA- 今月の反省 もっと
HA- 節約できればいいなと

よくのわからない事で成績は下がり
こうすればよかったのか かなり不透明だ


武器は今一つだけだったから
あとは裸になるしかなかった
未来展望は自分には難しくて
不景気だなんて言い訳を まだ沢山持っている


よくのわからない事で散々悩み
こうするつもりだったのか かなり不透明だ

よくのわからない事で成績は下がり
こうすればよかったのか かなり不透明だ

OVER DRIVE DISTORTION 気味の日々を
上手く丸めて少しはマシな方に行こう





「 workaholic death 」






修行の坂を上っている
修行の坂をずっと上っている
月の輝きに照らされた
青っぽい体をした赤い眼が
色褪せていく

驚かれた顔と
守られた武器と
積み重なった輝きが
胸を熱くさせる

運命の回路を辿って
確かなことは
社会の灰汁を食べて行け


修行の坂を上っている
修行の坂をずっと上っている
楽しそうな所に行きたいが
回れ右して帰ってくれば
痩せこけていく

いろんなことをして
何がしたいのって
いろんなことをしないと
俺は生きていけないんだ

運命の回路を渡って
確かなことは
社会の隙をすり抜けて行け


わかり合えない人と出会ったら
そこの職業病だと思っておくれ
慰める事のできない過去を
誰が癒せるというのだろうか
兎に角 眼は閉じて

「綿抜き」






懐かしい気持ちと共に綴られていく
少しはマシになっているんだよなって
冗談とか相談とか、
いっぱいあったと思うんだけど、つまりは
今、リーダーについて考えている

辿り着けない
辿り着きたい
すごいっぽいけど、少し違う

メニューはいらない
ハンディいらない
その場で思いついたものを
差し上げる
それが出来ればいいんだけど
よく出来たもの作って
劣化したもの売って
飽きられそうになったら
よく出来たもの売って
この世の縮図だった

対話をしない君がとても面倒臭かった
恋に恋する君がとても面倒臭かった
壁を置いて壁を置いて壁を置いて
可愛い子ぶった君が面倒臭かった


遅刻をするとか、初歩的なレベルだけど
やっぱり気持ち良く音楽するならきちんとしたい
乱暴な扱いでマイクを放り投げる
ああいうのは無理なのかも、、

辿り着けない
辿り着けない
どんなに悩んでも、怒っちゃ駄目

右も左も分からず
その素人をからかった
悪魔のように
楽しんでいた天使
僕の好きだった
正義のヒーローは
環境の為に
色を売り出してしまった
裏技を使って僕は
何処かへ向かっていた様な

あーあ、やっぱりこういう気持ちって
いけないんだろうかっていつも思う
年齢差があってバンド組むって
やっぱり大変だよねっていつも思う
俺だけだろうなっていつも思う


若すぎてわからなすぎたあの頃さ
消えた光を追う意味もなく
仲良し子好しで終れたら
全部、幻想なんだと言っていたい


ここまで来れた事だけ、
自信を持っている





「寝過ごして」

20090706024237
20090706024235






光よりも大事な何かが光る
道草を食べ過ぎて帰る場所をミスる
何もしないで生きて行けたなら
真っ暗闇の中でうたっていれば

I couldn't know, but you can konw already
I couldn't know, but you can konw already
I couldn't know, but you can konw already
I couldn't know, but you can konw already

そう 何度も 寝過ごして
そう 何度も 寝過ごして


おさがり、焼き増しはやっぱりキツイ
カテゴライズすればまあ何とかなると思っている
完ぺきを目指すも、低画質で満たされる
石ころ投げて跳ねるだけで楽しかったの

I couldn't know, but you can konw already
I couldn't know, but you can konw already
I couldn't know, but you can konw already, anyway anyway,
I couldn't know, but you can konw already, every every,,

そう 何度も 見過ごして
そう 何度も 見過ごして



そう 何度も 寝過ごして
そう 何度も 寝過ごして
蛍の様に 煌いて
蛍の様に 煌いて




「嫁入り」



ここはここまで
そこはそこまで
3年働けば
何か悟る

巻き込んでしまったね
とりとめのない会話を弾ませ
本当に話したいことは
どこに行った

いっつも思うんだけど
いっつも誘われて思うんだけど
どうしてそこで終わってしまうんだろう
ちっとも面白くないんだ


明る過ぎるのは大嫌いだ
よこしまなこと、
邪悪なこと、
正し過ぎること、

気を付けていけってさ


ここはそこまで
そこはそこまで
1年未満じゃ
理解もない

巻き込んでしまったね
とりとめのない会話は途切れる
本当に話したいことなど
一つもなかった

のめり込んだ方が救われる
これが真実だと思っている
それが真理であると思っている
ちっとも面白くないんだ









ぎらぎらと 照り行く太陽 横目に走る
 蝸牛は歩く 君が止まれば

神様が 居ればいいのか 居なけりゃいいのか
 狐の嫁入り 傘は持たない

梅雨は憂鬱 晴れてりゃいいんか 大嘘つき 
 津々の浦々 笑ってばかりの 神は要らない


 





「 3rd paresis trip 」

20090402055135
20090402055132





ただ眠っていよう
そうしたら夢が教えてくれる
ただ描いていよう
そうしたら夢を叶えていていける

第三障害 第三障害
第三障害旅行へようこそ
第三障害 第三障害
第三障害旅行へようこそ

悔しくて 負けず嫌いの蟻が泣く
それはいつか 確かな鼓動が鳴る
lalala.....

空っぽの中の銀河の上でダンスを踊ろう
空っぽの中の銀河と夢でダンスを踊る

空っぽの中の銀河の上でダンスを踊ろう
空っぽの中の銀河と夢でダンスを踊る
遠い彼方まで銀河の上でダンスを踊ろう
lalalalala.....










「君のかけら ( となりの平和 )」

20081113163210
20081113163203
20081114121656
20081114121658
20081106105209


今  何が伝わる
今  何を伝える

世界は狭いだろうか
左後ろくらいの席で
いたかのように別の場所で
出会って行く

君のかけら
君のかけら
君のかけら
君のかけら


音楽的差別はもういい
VとかJとかどうでもいい
口ずさんでもらえるなら
幸せなのかな

君のかけら
君のかけら
君のかけらで
誰かが満足している
僕のかけらで
君は満足してくれる?
君のかけらで
僕は満足すればいいの?

大統領のわがままを聞いたから
僕のわがままを聞いてくれないか
破綻した権利を
積み木のように遊んだ


「 folie du pourquoi 」

20081019031304

20081019031301



Who call a freeze?

Because it's a free.

不幸なフリ?

思考は狂い


ドゥアイスィンキンオブマイデス
   
ドゥユースィンキンオブマイデス   

ドゥアススィンキンオブマイマインド  

ドゥユースィンキンオブマイセルフ

Do I thinking about my death?

Do you thinking about my death?

Do us thinking about my mind?

Do you thinking about myself?


Could don't a creep?

Because it's a free.

不幸は不利?

愚行は狂い


ドゥアイスィンクオブマイデス
   
ドゥユースィンクオブマイデス   

ドゥアススィンクオブマイマインド  

ドゥユースィンクオブマイセルフ

Do I think about my death?

Do you think about my death?

Do us think about my mind?

Do you think about myself?


歴史の繰り返しだろう
爪先の向いた方へ

気の遠くなる作業へ

破裂してすり抜けて
破滅してかき集めて


出口を沢山作りやがって
誰が責任をとればって
私は一生懸命仕事をしていただけなのに



そう 景色を変えることはそう難しくない

 血走りを立てて上流へ行くのさ。

 底辺は美しい、 君は底辺を知ってるか?

 下流の幾つもの知恵は殺されて行くだろうか。

                   そう容易くない道のりに何を混ぜればいい?












HOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。