アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-07
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

true-blue friend

2012/02/28/あさ7じ

GEISAI♯16開催

こんにちわ。
村上隆です。
GEISAI♯16やります。
29歳までの若い人間限定のGEISAIね。
つまり、デヴューを願う連中、集まれ、、、って。

さて、今回のGEISAI審査員の特徴を申し上げます。
http://www.geisai.net/g16/examiner/

3人とも猛烈に優しい。そして若者の未来をポジティヴにクリエイト出来る人。

飯田さん、僕のデヴュー前からの知り合い。博士課程の発表会にも来てくれた。
高橋さん、ナディフ時代からの知り合い。六本木ヒルズに僕を紹介した人。
片桐さん。僕より20歳若いpixivのオーナー。一緒にギャラリーやってる。

飯田さん、高橋さん、片桐さん。全員、発表スペースも持ってます。
作品次第、プレゼン次第で、可能性は大きい。

基本優しい人たちです。
僕と逆。
僕は若者、もう信じてないから、鍛えなおさねば、叩き直さねば、と思ってる。

だから、ちょうどいいバランスだと思う。

僕はこのGEISAIを12年やって来て解った事がある。

それは、

・若者達の礼儀作法や生きる美意識の無さ、である。
・歪んだエゴの膨張、である。
・「 dreams come true」という信心の行き過ぎ、である。

最初は個々人の無礼だとおもって、個々人に憤っていた。
挨拶しない、GEISAIで世話になった事、履歴に書かない、等
「じゃあGEISAI応募すんなよボケ」とか、その個人に憤っていたが
違っていた。

そういう人間製造をしてしまった時代があって、その結果、無礼千万な連中が
涌いてしまったのだ。

日本のアート界のアホぶりの根源をたどれば、教育の現場なんじゃないかと
そう思って、いろいろリサーチし続けた。
美大がアホだ、予備校がアホだ、と思ってたが時代がそうさせた。

ネット界の無政府状態是認を盾に「なんでもあり」をアートとすり替えたり
「なんでも反対」すりゃ、アーティストの立ち位置を担保出来ると
無根拠に「反対」ばかりを唱えたり。
だいたい、アートの学校に行くのは普通の学習が出来なかった落ちこぼれだ。
つまり、バカだ。
バカはバカなりの謙虚さでもって、己の社会内の立ち位置をしっかり
設定するべきなのに、バカの逆切れが今のアーティスト志望の若者に多いのは
大問題なのである。

なので、とにかく、教育のし直し。

コレ、やります。

GEISAIの参加アーティストの皆さん。
心しておいてくださいね。

ここで一気にギアを変えるのだ。


GEISAIチアマン
村上隆


nemui desu..おやすみなさい。




佐野優作
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/047.html
金がかっこいい

加藤大季
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/337.html
ルイヴィ。。

ににユイチ
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/009.html
色調が優しくて好き





ウチダトシアキ
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/299.html
塵昴
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/289.html
とこまらうみ
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/321.html
森本愛子
http://blog.geisai.net/remote_images/sokuhou/artist/317.html









2012/02/21/よる6じ
思考を殺されかけた。夢を殺されかけた。それ以染にワンマン、トヨダラストライブだって行けやしなかった。
俺にはやりたいことがある。それをやらねばならぬというものだ。
冗談じゃない。冗談じゃない。冗談じゃない。これは脅迫観念か?
渓谷に行って、士気を高めるべきなのかな。


2012/02/15/よる23じ
諦めない限り、又は脅迫観念や防衛本能が含まれる場合、大抵仕入れるものにコストはかからない。
皆、助けてくれるものだ。

伊勢谷友介って素敵だな。リバースプロジェクト代表で俳優か。


生まれて初めてインフルエンザというものにかかった。
診断では始めてである。
12日から39度?の熱と筋肉痛と咳き込み鼻水、
咳による気胸になるかが心配であったが、大分落ち着いてきている。
昔から原則病院には行くのを控えるのが、親父の教育だった。
既に治り掛けているらしい。
要するに、病院など行かなくても、インフルなど問題ないんだなと。。
ただ、病院の薬はやはり数段と効果があった。



2012/02/12/よる7時old hag syndrome(kanashibari)
涙が止まらなかった。責任感とプレッシャー。怖いんだろうか。


2012/02/12/あさ5時
この傍観思考。これが最高だ。そして、ぐわっと煮え切らない創作に繋がるアングリー感。
この2点を常備及び補給していることが必須だ。
うん、何かできそうだ。
どんなテーマで作ろうか。考え甲斐がある。


2012/02/07/あさ7じ。えいようしっちょー
今日は雨だ。本来雨を中心にして考えた方が世界が良く廻ると思う。晴れっていうのはただの当たりだ。
カエルのような気持ちで行動しなくてはならなかった。ゲロゲーロ。
コンビニの防腐剤にぎらぎらと目を光らせながら、ややっ、なぜワタクシはこの菓子パンを買っているのか。甚だ疑問に思ってしまった。人参やカボチャやトマトに砂糖を振った方が遥かに勝る事を、僕は忘却の果てから思い出した。
彼はなぜそうなったのかを俺は知らないが、バンドは組めなかった。渡すものを渡して。ようし、他の人を探そう。

小さい夢の果てを見たことがある。
その時にはある種のショック症状が起きる。開放感だろうか。阿ーーーーーーっってヤツだ。
止まる…?からだろうか。その果てのショックがあまりに大きすぎて、致命傷状態っていうのになった場合、アウトに近い。それは間違いで多分、下ばかり見ているからだ。ここまで来たのか。高いなあ。より、まだここなのか。のほうが、いい。要するに僕はここが果てだと思い違いしていたのだろう。井の中の蛙である。



2012/02/06/あさ7じ
夢に近づくことがアート
夢に辿り着くことがアート
夢の果てを見ることがアート

そうか、そうだったな



2012/02/03/午後2時
ginesu
コラージュの著作権について
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1428574084

マッド・アマノと 白川義員との間で争われたパロディ事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E...
最高裁判所判例ではマッド・アマノのコラージュを認める判決となっています。

社会大衆に公表された著作物はオリジナルと誤解されない場合には基本的にコラジューは認められています、例えば改造車ですね。明らかにトヨタや日産の正規な改造ではないと誰の目から見ても解る場合は問題ないです。

矢沢栄作や矢沢B作など矢沢永吉のモノマネタレントがいますが、TVCMにモノマネタレントと表記しないで視聴者に本人と錯覚させた事件と「矢沢永吉が認めたモノマネ」と矢沢サイド公認と表記した事件など、公式、公認を騙ったとして矢沢サイドに訴えられた事件があります。つまり、本人が不愉快でもモノマネは止める事は出来ませんが、公式、公認と偽ったら差し止めが出来ます。
明らかにパロディでニセモノと第三者が客観的に見て解れば問題はないです。

アメリカでは米国憲法修正第1条(いわゆる「言論の自由」条項)により、製作者の意志が肖像権・著作権よりも優先されています。2002年4月17日に連邦最高裁にで「公表された他人の写真の合成コラージュを禁止することはパロディを認めないことであり、思想・言論の自由を侵すものである」とさて肖像権・著作権よりも憲法で保障されている基本的人権が優先されています。
このためアメリカでは、芸能人や政治家などのコラージュが作られている。 アフガン戦争やイラク戦争の際に作成された、ブッシュ大統領とオサマ・ビンラディンやサッダーム・フセインとの卑猥シーン等をコラージュで造った反戦目的のものが有名である。

著作権より言論の自由、表現の自由、国民の知る権利など憲法上の基本的人権が優先されるのは自由主義国家では常識です。社会に公表された巨大メディア情報を国民が批評いけない事は独裁を生みとても恐ろしい事です。
ヒットラ、フセイン、北朝鮮、中国など独裁国家はメディアで権力側の都合の良い情報だけを流して、権力を批判した者達を肖像権や著作権で秘密警察を使い弾圧して独裁国家を築いたからです。

とは言う物の日本は権力崇拝根強く、戦後において朝鮮戦争時において日本を統治していた占領軍GHQが反戦派の昭和天皇、マッカーサー、吉田茂などのコラジューを取り締まった経緯もあり、法律ではなく社会的にうるさい連中がいます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448542264

ひとつめ。
本はいわゆる「文学」の著作物であり、コラージュ作品は「絵画」に近いものがあります。文字の並びまで意識したような本であれば(視覚的な効果もあるため)問題となりうるかもしれませんが、通常の本であればそもそも「文学」と「絵画」という全く異なるカテゴリーのものであることからおそらく問題とはなりません。ただ、本を切られるというのはそれを創作した人にとって不快な行為であると思われますので、本の著作者が存命であれば許諾を、できれば著作権者の死後50年を経過したものを用いるべきでしょう。蛇足ですが、「本を切って読めない状態にする」という行為に生理的嫌悪感を持つ方がいることをお忘れなく。

ふたつめ。
作家さんがデザインしたものであれば、それは著作権法上に規定される「思想又は感情を創作的に表現したもの」ですので著作物に該当します。

さて、マスキングテープを購入する時点で、あなたとメーカー(+作家さん)の間でお金のやりとりがあり、テープの所有権があなたに移ります。著作権は放棄されていませんが、このテープ自体を使用、処分することはあなたの自由です。マスキングテープを使用してコラージュ作品を創作した場合、その著作権はあなたにあります。マスキングテープを含めコラージュの素材に「改変等の禁止」「商的利用の禁止」等の規定がなければ販売することに問題はありません。




2012/02/03/朝いちじ
アートってのはなかなかスポーティにできない。
欝と戦う俺。
かっこ悪い?いやいやなんか違う。
欝が美しい時もある。でも稀かな。

なんだか過食症なのです。
良かった、この感覚、久しぶりだ。
意識できる、まだ救われている。
ストレスがなくなれば普通になるのだと思う。
原因は大体はっきりしているから、
じーーーっくり戦っていこう。

j
スポンサーサイト

旅立ち 出産8/100



「美」

狂っている。歌舞伎町は。人様の金銭感覚は。
それを僕らは味わう。それを僕らは浴びる。
それを僕らは駆け引きする。

歌舞伎町は狂っている。

だが、そこは一種のゲームに過ぎない。
そこで幾つかの華を咲かす。

全てが知りたい俺は全てを知らなくてもいいのかも知れない。

太陽は困った顔をしているわけではない。
未だ背中を押してくれているのである。


そう、そんな風に育つ気は無い。
転がして夢になって。
幾つもの出会い、
ねえこれは、
何色でしょうか?

ねえこれは、
何色でしょうか?




「ジンロ」

どんなことがあってもスマイル
何があってもスマイル
恥ずかしくなってもスマイル
馬鹿にされてもスマイル
道行く人にスマイル
涙を拭いてスマイル
これからの僕にスマイル
これからの貴方にスマイル

旅立ち 出産7/100





「ホリック」

あっ!みんなのエガちゃんだ!
エガちゃんって適度に仕事を断るよね。だから一発屋で終わってない。
自分の位置バランスを上手くコントロールしてるよね。そこ、なんかすげえと思うよマジで。
あと面白いんだ!

なんだか、作品制作の仕事が溜まるな。みんなにいい発表して行きたいな。
メンタル面では鬱を大分倒して来た。ホストって職業で無理矢理矯正させられた気がする。
早いスピードで沢山の人と接するからね。

いやーイエモンみたいになれたら最高やろなー。
何の話って音楽の話だけど、俺の将来まだ暗くないぜ!
一生焦燥感にかられますわな。
やべえ徹夜だ、、さすがに眠らんとキツい。。

おやすみなさい。
アディオス!

旅立ち 出産7/100



「ホスト」

ホストの仕事を初めて3ヶ月になる。今日はRさんに怒られた。
どうしてもまだ下手な部分がある。そこを磨いて行きたい。
悟った振りは気持ち悪い。分析思考は引き出しに。
NO MISS NO POINT、 これが店長の最後の言葉だ。
何度ミスしてもいいのだろう。でも強くなっていこう。

あの家から離れることが出来たことは僕にとってパラダイスだった。

明日から北海道旅行だ! 精一杯楽しむ!


今年の目標…少しずつ借金を減らすぞ!

アディオス!

旅立ち 出産6/100

「頭の中の話し合い」

脳の大脳辺縁系を練り練り練り、練り回しているどうもjunです。
最近、全く文章が書けなくなりました。
書く気にもなれませんでした。
どうにもこうにもこれでは親父と一緒と再認識しました。同じ轍を踏みそうでした。
唯一のこのデジタル媒体、これを何かに生かしていかねば。
そもそも私は何故生きているのか。
生まれて来た意味はあるのだろうか。
最近、もう一度そこまで考えるようになりました。
数々の責任は正直重い。でも自分を馬鹿にする為に存在しているものでも無い。
私は何故アートをしてきたのだろう。
経済力と権力、まだ私に存在しているものではない。
私は私の器をまだ救っているだけ。
ギリギリのラインをまだ救っているだけ。

不思議な事に、でも不思議じゃない、もっと底辺でギリギリな子ってのもいるんだよな。
あいつ元気してるかなって情けを掛けると自分が重くなる。
だから、あいつは今も元気なんだ。問題ない。

さあ早く立ち上がって行こう。

旅立ち 出産4/100

イギリスでは紳士は21歳から。英出身のピートは言ったのである。
だから何歳であろうとピートは21歳と申すのである。

今日は変な天気で雨が降ったり止んだりしていた。
見ず知らずではあるけど、その子に傘をあげた。
すごく嬉しそうに帰って行った。

たかが80歳分のわずか3秒
どんな衣を着てようと、
そうやって生きて行くのがきっと素敵だ。

旅立ち 出産2/100

こだわらずに生きて行けるわけが無い

こだわらない仕事で感動するわけが無い

本物なんて向こうから来るわけが無い

エセな人生送りたいわけが無い

腹八分で覚醒すればきっと誰かが救われる

少しずつ物知りになった気分で死を悟る

武勇伝を起こして行こうぜ

通低和音を探して行こうぜ

あの子の結婚式は派手に祝ってやろうぜ

旅立ち 出産1/100

心を奪われたとき あたしは一人で立ち上がれなくなる

心を奪われたとき あたしは一人で生きれなくなる

長い雨を見ていれば 踊りたくなる

あの人に全部言われてしまう

僕ができることを探す

あせらないでと人をあせらす

あせっているのは今しかないから

今しかできないから


あたしは生きてる

ぼくは生きてる

安全神話の崩壊


みなさまこんにちは。燃えるように暑いですね。。
さて、9月4日のバンド企画も控えて、いよいよ大詰めってところでしょうか。
しかし、まあ自分の甘さを思い知らされる次第です。
割と僕はクレイジーな人間なほうなのですが、そういう人間にとって、企画というのは結構大変なのでした。まあだから逆に言えば、うまく成長さしてくれる企画でもあるわけですね。
そして課題もたくさん見つかりそうです。

myspaceには現在、トランスペアレント・アンブレラとdeadlock2をアップしています。
よかったら聴いてやってください。


9月4日[土] at SHIBUYA TAKE OFF7
「BOTTOMCOLOR prezents "show dog tight sea" Vol.1 」
op16:45 st17:00 door1500+500drink
出演:
おざわかずき/TEENSPIRIT/PEEP HOLE/SECOND OPINION/零時/それ以染に/BOTTOMCOLOR/H.EAT(特別出演)

出展(ライブハウスの壁等に作品を展示します):
紫色と緑色/西岡心平/赤い虹(小河原淳)
※出展者のYAKEYAMA RIKAKOさんは都合により、キャンセルとなりました。

『ゲイジュツの立体交差点』
今回のイベントはみなさまに川柳を作って頂いています。題は「色」または 自由 です。展示出展者の方は作品にもお題を出しています。「虹」または 自由 です。
僕は音楽や美術などのゲイジュツが大好きです。今回はそれを意識した複合的なものにしています。白黒分けず曖昧な灰色のようなイベントです。どうぞよろしく。【BOTTOMCOLOR代表 Vo,Gu 小河原】

SHIBUYA TAKE OFF7へのアクセス
渋谷駅ハチ公口を出て、スクランブル交差点を渡りセンター街を歩きます。5分ほど歩くと右手にブックオフが見えてきますので、ブックオフの手前にある十字の道を右に曲がる。直進すると左手にファミリーマートが見える交差点にぶつかるので、その交差点を左に曲がる。直進すると、ブックオフの逆入口があり、その裏手のビルであるアソルティ渋谷B1FがTAKE OFF 7です。(問い合わせTEL:03-3770-7755(代表))

go sick, low litter.

我慢大会ではないが、放心状態に近い。
まあ、掃除でもしよう。

人体実験するということ

僕はO型です。小さい頃に言われました。
だから、実はO型じゃないかも知れない。
わからないから献血しようと思っているんだけど、
川越へ行ったときは徹夜していた為、不健全な血流になっているので献血できなかった。またお越して下さいと言われた。渋谷にも池辺楽器の近くに献血があるから、歩道橋の上に案内人がいたから、今度そこに行こうかなと、その人に案内してもらおうかなあと思考を行ったり来たり。

そして、血液型というのは変化するものでもある。
何故なら、物理的に言えば、血液型が違うということはその根底にある血液物質が違うと言うことである。厳密に話すと長い。「H抗原やら、うんたらかんたら・・・」になる。それは学者の領域。教育の領域。

血液型が違うと言うことは、性格が違うと言うことだ。
性格が違うと言うことは、けんかが起きると言うことだ。けんかするという行為を知っていれば。
けんかをするかどうかを知っているかは
最初に親を見て、生活を見て、宗教があって、、、、、、
要するに周りによって決まる。
いろいろ言いたいことはあるが、
とりあえず、その話は置きます。

そして、僕は自分に人体実験をしていてね。
死んだ方がいい人間とはどんな人間なのかはわからないが、
周りからむかつく人間だなあと思われる人間になって、
その時の自分自身の思考プロセスを知りたくて、
いろいろ実験していた。
それをちゃんと理科的に計測とか、
神経細胞の状態とか、
右脳と左脳の活発状況とか、
いろいろ調べたかったんだけど、
研究者でもないし、大学の在籍者でもないし、
そういう地位がないから、
これは個人的な趣味の実験になってしまっている。
それが悲しい。
悲しいと思っている。
データとして残したかったから。
データに残せなかったから、忘れてしまうこともあるだろう。
しょうがない。
しょうがないとしか言えない。
今、やるべきことだったから。


そして、その全ての根源は血液から影響をもっているだろう、、、、
とかうんたらかんたら考えながら、
実験していた。
いや、その前にどこから心が生まれたのかも考えている。
いろいろ実験している。


人間は生きるごとにけんかをしなくなっていると思っていい。
そして、人間とはこういうものかあと思いながら人間は亡くなるのでないか。
それを自問自答し続けるのに昔は時間がかかった。
何故なら、インターネットと言うものが存在してなかったからだ。
だから、自分で動いて、街を知って、街を理解した。
だが、今はインターネットやらのお陰で所為で、そこを歩いていなくてもそこを知ることができるようになった。
あの海の向こうはどうなっているんだろうなんて疑問は段々薄れていって。
全てに興味を持つ好奇心が死んでいって。
そういう現代社会なんだなあと開き直っては僕はいけないと思っていて。
そういう現代社会なんだよと開き直っている社会があって。
そういう現代社会はヤバイよねと思っている社会があって。
そういう現代社会があるとかないとか、あってもなくても、全ては望まれるままに社会は廻っていって、地球によって人類が滅ぶ日も近くて。
そういう現代社会に飽き飽きしてるんだよっていう思考も、
全ては血液から来ていて。全ては細胞から来ていて。最初の物質から来ていて。
その最初の物質は何なのさあと、ド偉い科学者たちがリニアコライダーを作っていて。最初の宇宙を創っていて。
そして、その機械を作ろうという気持ちを持つのも、全ては「何故だ?」という好奇心から来ていて。
説教臭いのはうざくて。
うざい感情はどこから来ていて。
それを知っていても、別に利益はなくて。
そもそも利益なんてものもなくて。
興味がないからうざいと思って。
興味がなくても生きていけて。
興味が湧いても生きていけて。
生きることを否定しても生きるようにインプットされていて。

生きるようにインプットされているけど、
生きないで自殺する細胞もいて。アポトーシス。



僕はまだやりたいことをやりきっていない。
やりきってなんかいない。やりきれない。
ただ、それをじいさんになるまで、やりたいとも思わない。
過労死で27歳でいい。


今の心境はそんな感じです。


健康と健全2

0202night1-1


最近はずっと下痢と吐き気に見舞われていて。
またノロかなあと懸念を持ちながらも、休む気はない。
でも前よりかは大分休んでいる。
火傷は回復ペースは速く、ギターも弾ける。
包帯ぐるぐるの時は、ギターのストロークができなかったのでアルペジオで弾いていた。今は包帯は巻いてないです。
僕の弾きはどうやら強いらしく、優しく弾いてくれと言われました。
創った曲にもよりますが、ソロでやっているもんで、押弦以外に開放弦と一緒にリフを弾く(特にアコギで)。要するに僕はベースとリズムとリフを一緒に弾きたい欲張りな人ということです。どうも、bcです。




本題にやっとやっと入ります。病院は何の為に行くか?と考えると、ケガ治療したり処置したり、会話してカウンセリングしたりセラピーになったり、最終的には寿命を伸ばす為だと思う。

そして、その最先端医療技術とやらを使える有無はお金の問題で。
まあ当然なんだけど僕の論議点は、じゃあ病院いきゃあ全て解決するのかという問題で。


それを考えるにあたり、まず僕の祖母について話す。
僕の母親はほとんどばあちゃんと言っていい。親が離婚しましたから。ばあちゃんも小6のときに亡くなりまして。
ガキの自分が風邪を引いたときはネギを巻かれました。手ぬぐいに刻みネギを入れたものを巻かれました。ぐるぐると。ネギっ臭く、寝る。
不思議と次の日には治っている。
よく言うばあちゃんの知恵袋とやらです(参考URL)。病院行けなんてほとんど言われたことない。この影響が僕は強い。
まず、食物で治るものは治そうという考えです。医食同源。


医者というのはホントに無理なもの治すために行けばいいと思う。
しかし、それにも東洋医学と西洋医学があって。
西洋は手術とか治療とか技術回復であって。
東洋はツボとか鍼灸とか、、、どっちかっていうと気持ちやマインドコントロールありきの考え方で。
例えば骨折した人がいて、身体的には満たされてはいないかも知れないが元気だったとする。しかし、気持ち的には満たされてはいるので病院は行かなくてもいい(行きたくても行けないかもしれないということも例に考えて)。さあ、何が正しい?
最終的には個人個人が結論を出しますね。
僕はその考えを医療現場の人はどう思っているか、トーキングバトルしていた。「難しいことだね~」と言われた。

僕の祖母から学んだことは、「全てをあてにしてはいけない」ということ。自分で治せることは自分で治す。動物的な考えが強いです。


もう一つ書いておかなくちゃいけないことがある。
医療と切っても切れないのが、手塚治虫の「ブラック・ジャック」で。
漫画は秋田文庫から復刻されていますが(僕はソフトカバーで562円のやつが好き)、これがかなり僕の医学のものさしになっている。
僕のものさしも持たなくてはいけないのだが、この漫画に反論する点がない。絵のタッチくらいで。しかし、あれはあれ以上に絵が上手くてはうまくいかない物語だ。
ブックオフでもなんでも、古本屋に行けばブラック・ジャックは必ずあると思います(実際、買った)。その1巻と2巻をまず読んで欲しいなと(B・Jはストーリー制じゃないから、どの巻からでも読める)。







寿命を伸ばすことがいいことか、よくないことか。
生きがいが無いのに、生きる意味なんてあるわけなくて。
クローンによって、永久不滅?
世の中には死なない微生物もいるんだよ。
クマムシ?万能細胞? and Dolly??

何が正義で、何が悪で。

体を治すということはそういうことで。
寿命を伸ばすとはそういうことで。






だから、病院行かない?
その時その時でしょう。
やっぱり、嫌いじゃいっっっつ!!!!!

健康と健全



病院なんか大嫌ぃだいっっっつ!!!! どどどうも、bcです。













春分の日の今日は12時から20時までバイトです。休憩有。
でも、7時間バイトだし、祝日なので忙しくなると思うので、
1時間伸びると思う今日は水曜日です(文脈おかし
ごめんなさい、今日はストリートできません!!!













ハイテンションなのは徹夜してるからです、どうも、bcです。










珍しくパソコンから更新してます。朝だからですね。
カーテンを開けて更新しています。東日朝日がぎりぎり入ってくる中、更新しています。
夜のパソコンより、朝のパソコンの方がすがすがしく感じる(はずな)のは、ひなたぼっこによって体内にビタミンDが形成されるからです。(詳しくは個人的にwiki等で調べてくれよん)
それ以外には、健康になりたい人は白い服を着るとよい。
黒い服は太陽光を吸収してしまって、肌にまではあまり届かないので、ビタミンDが形成しづらい。じゃあ、黒い服が太陽光を吸収するかどうかを証明するにはどうすれば?と、それは案外簡単で、小さい頃理科の実験でやった(僕はやった)、黒い紙と虫めがねの実験だ。
黒い紙に(太陽光を通して)虫めがねを当てると紙が燃える。
白い紙に同様の実験をしても燃えない。
まあ例外はあるかもしれないが、単純に言うと上記のやつで証明される。黒い紙が燃えると言う事は、黒い紙の方が熱を吸収しやすいということです。当たり前かも知れないかもしれないかもしれないかもしれないけど、結構重要です。(俺の中では


そんなこと言っても、明日にはチャリンコでぶっとんで倒れてるかもしれないので、そこまで健康に気を使う必要もないかもしれないかもしれない。でも帝王病はちょっとカンベンかなあ。質素でいいよ。うまいモン食いたいともそこまで思わないんだよなあ。ほんっと、時々でいい。どっちかって言うと小さい頃から、外食なんて年に2回くらいしか行った事がなくて、今は家族みんな家庭内別居してるから、食事なんてホント一人だし、、、だから、うまいモンには逆に抵抗がある。要するに高い食いモンはまだ納得して食べれていないということです。
(余談だが、わかる人にはわかる話だが、マイケル・ヘッジスもアコギマガジンで自分のチャクラについて語っていたけど、事故死してしまったわけです。どこのチャクラが足りなかったんだろうとか思う前に、無心で安全運転すればいい話か。)













ええっと、右手の状態ですが、新しい皮膚ができてきていまして、割かし早いペースで回復しています。
右手以外に日曜日から熱が出て。月曜日から咳と鼻水が止まらなくなって。花粉症かなとか思ったが、右手の怪我の副作用の発熱等いろいろ原因はある。抵抗力が落ちた所為でもある。元気はあるんだけどなあ。
熱は下がったし、昨日はバイト休んだが、今日はバイトやるどす。















本題に入ります。健康と健全です。
通院してる身ですが、同じ時間帯に行くことはなく毎日バラバラです。
そこは総合病院なので、毎回先生が違ったりする。(最近はもうダブった
いろんな先生とトーキングバトルできて楽しい。
だが、病院は好きになれない。
何故か。


















何故か。
























































時間ないので続く(うおい

緑の髪

退学一年生をうたってなくてごめんなさい





あの唄だけでは人を困らせる。そう感じた。
あの唄は「deadlock」という唄の前戯にしたかった。
しかし、あの唄は「あじゃら」でも「こっけい」でも「冗談」でもない。
確かに事実を歌った唄ではある。
ただそれだけではやはり人を困らせる。
そんな唄歌いたくない。
肝心の「deadlock」が曲としてうまく成立してない。
だから、歌えない。
これは、発表会じゃない。
出来た曲を発表するために俺は唄をやっているわけじゃない。
だから、
「deadlock」が出来なかった俺が悪い。
殴ってもかまいません、ビンタしてもかまいません。
それが罪が償えるものでしょうか?
矛盾した僕を
誰が妥協してくれるのでしょうか。

前衛として先頭に立ちたいのに、
躊躇していたんじゃ自爆するだけ。

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい

謝って済むなら警察要らない

誰かが言っていたなあ

誰かが言っていたなあ

誰かが言っていた事がやけにひっかかるなあ

誰かが言っていた事がやけにひっかかるなあ














考えても病むだけで、
だから開き直って、

黒い絵具を綺麗にできないかと、

俺は美しい黒を描けばいいと今思っている。

deadlock-2

すまない、昨日22時にバイト終わって、
23時前に帰って来て、疲れきってすぐに寝て。
起きたのは今日の12時頃で。13時間寝てしまった。二度寝含む。

またずっと考えてる。テレビ付けながら。ネットしながら。
しかし、18時からバイトじゃ。

根拠を立てて考えていて。
しかし、ひらめきがなくなるから、テレビを付けていて。国会とか、料理番組とか、お笑いとか、人の話とかを聞き耳立てながら。
自分でひらめくこともあるが。あとは自分の勘。
根拠を立てて考えていて、考えた事が、何故そうなるかとも疑問になって。
ルーツをネットで調べながら考えていて。

つまり、昔は根拠を立てずに頭で考えていて。

今、書きたいことを、
考えたことを文にする気はなくて。
俺は唄にしていく。唄じゃなきゃだめ。

HOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。