アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小河原淳 『太陽/1億への準備飛行展』

last updated 7/31,2011
さらに
追加情報です!


好評につき店長と審議した結果、
7月31(日)まで延長!
 ※無事終了致しました。ご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました。

皆様、本当にありがとうございます。
新作も早く出来る様、精進して参ります。
(といっても一つの作品に対して5、6年かかったりするのですが…)

作者の出没予定日
■18日(月)
 Holidayイベント。
 お客さんと都合合えば、この日出陣します(22時まで)。
 久喜の祭りにも出没。

■26日(火)
 UP ROARイベント。お客さんと都合合えば、21時までいます。
 セカオピのみんな、サラ、シャビン、ココ、イケノベナツキが御来店予定。
we will meet the center meeting place in Omiya station at 19:00

■31日(日) 
 今のところ444イベント無し。22時頃まではいる予定。
 クリス&ミカ、マイク、アリソン&エリー、ブレア(I am not exactly sure yet)、アマンダ(I am not exactly sure yet)が御来店予定。
we will meet the center meeting place in Omiya station at 19:00

» READ MORE ...

スポンサーサイト

ヌードデッサン







日曜日の話です。生まれて初めてヌードデッサンをしました。描く人は25人くらい集まりました。
もっと絵がうまくなりたいと思いました。時間は2分とか5分とか10分というポーズローテーションが早いわけなんで、デッサンというよりドローイングと言った方が正確ですね。モデルさんは舞台女優さんで何度か僕は舞台を観に行ったりしてるのですが、今度というか10月にNYに行かれるそうです。いいなあ。バンド友の零時のギタボの藤原ちんも今タイに行ってるそうで。。。俺も今年こそ海外にいきたいぴょん(アゲアゲ)

「素直に感じた事を言葉にしよう『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』を観て」#1





去る7月4日の日曜日、六本木クロッシングは閉幕した。それについて、美術運動(http://www.artmovement.jp/)の編集の方が文章書いたら、載っけるかも知れないと言ったので、気合い入れて書いてみる!

今回出展したアーティストは相川勝、雨宮康介、青山悟、Chim↑Pom、contact Gonzo、ダムタイプ、HITOTUKI[Kami+Sasu]、加藤翼、小金沢健人、森村康晶、ログズギャラリー、志賀理江子、鈴木ヒラク、高嶺格、照屋勇賢、宇治野宗輝、八幡亜樹、横溝静、米田知子、「(名称不明アーティスト)」の20組である。見応えは十二分にあった。いや、百二十分にあった。というのは言い過ぎだろうか。でも本テーマである『芸術は可能か?』を問うには十分な量だった。

前置きはさておき、予習せずに直感でいいと思った作品を揚げていこう。絞った挙げ句、五つに収まった。ダムタイプ、ログズギャラリー、宇治野宗輝、雨宮康介、相川勝だ。
ダムタイプ『S/N』…まず映画の内容が良いし、本展のメインテーマを十分に肯定してくれている。必見である。エイズによって35歳で亡くなった古橋悌二の芸術への情熱を私たちは受け止めることができるだろうか。男から女、女から男というLOVE SONG ではなく、女から女、男から男、おなべ、オカマ、ゲイ、レズビアン、性差のボーダーを無くす事はできるだろうか。一人のヒューマンとして。劇中に出てくる「発明」という言葉。とても印象的だ。確かに我々が生きていくことを肯定するには発明していかなければならない。
ログズギャラリー『DELAY_2007.10.27』…車というのはある種の異空間である。私も車を用いて作品ができればと感化させられた。宇治野宗輝『THE BALLAD OF BACKYARD』…ジャンクアートを作っている自分として、レベルの違いを思い知らされた。雨宮康介『わたしたち 2010年3月19日-2010年7月4日』…観ているものとしては難解だった。よく考える必要があるので、逆に印象的である。熊と蜂蜜とあとなんだったろうか。相川勝『CDs』…録音されている音が笑える。単純に嘲笑でも苦笑でも無い笑いをもたらしたことは幸福だと思う。

さて、ここからは予習/復習をしつつの感想を述べていこう。しかし、作品の断片を穿り返しながら、批評めいたことを述べることは面白いことだろうか。それよりも展覧会を観た事により、閃いた事を書いた方が面白いのでは無いだろうか。そのほうが、本展のメインテーマ『芸術は可能か?』という問いに呼応していけるのでは無いだろうか。展覧会の時にメモしたことを書いていこう。閃きその1/「共有」写真レンズの前に自分の写真を貼って、あたかも二人で撮ってるかのように楽しく最高の笑顔で撮る。共有への疑問的作品。その2/「rainbow」"rainbow!, rainbow!, rainbow!, rainbow!,,,,,,,"とずっと連呼するビデオインスタレーション。あと何歩か足りない(汗)その3/「犠牲/サクリファイス」顔の整形によるアート。その後が浮かばない。そして様々な批判が起きそうだ。その4/「目が離せない」インタビュー映像なんだけど、PVっぽい。そのPVに別のメッセージ性があって目が離せない。ってかそっちのPVが格好良くて、インタビューを聞くのが厳かになる(笑)。その5/「目が離せない remix ver'」PVっていうよりポルノ映像が流れて、インタビューを聞くのが切なくなる。観たくない。。でも観たい…!(笑)理性を問う作品。その6/「acter~喜怒哀楽シリーズ~」インスタレーション作品。4人の役者が定位置でずっと喜んでいる・怒っている・哀れんでいる・楽しんでいる。泣いていてもいい。怒っている人の場所にはあまり行きたくない。作品を通して怒られそうである。一人でもいい。一人で日によって喜怒哀楽が変わるというのもいい。その7/「下手紙」自分の時が下手なので、よく読めないと言われる。逆にとことん下手に書いて、手紙にする。読めたらすごい。シュールアート。その8/「一日学芸員」作家も学芸員として作品監視をしている。むしろ自分の作品の前で。自衛的作品。自分のモンは自分で守れ!喝的(笑)。本当に働いていてもいい。もちろん無給で。というかかくれんぼしている。探してほしい(笑)。その9/「出る前に」お客さんとにらめっこする。こちらが笑かしたら勝ちで、展覧会から出れる。にらめっこは全国から雇われた選りすぐりのにらめっこチャンピオン。逆にレベルの高さに驚く。最後は笑って帰って欲しいですから。
こう書いてみると、身体を使った閃きが多い。しかし実現するだろうか。何個かは実現するでしょう。発明せよ!ヒトならば!
記2010年6月13日

プラスチックアート

自分の部屋にあるジャンクを何とかしよう。まあゆっくりと作れていけたら最高。
その為にはまずどこまでのレベルがあるか知らないと。

Sayaka Kajita Ganzさん。廃棄物を廃棄と思わせない、ハイレヴェルな手をお持ちだ。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100227_curve_sculpture/
本のアート
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070420_book_art/

人は悩む、だから


「前衛映画とは」
当時は前衛、しかし今は。
やはりそれは当たり前で。

なんてちっぽけなんでしょう俺は。

答えを出していこう

最終的に言えるのは無になる。何もつくらないこと。
それでは、美術的欲求が無くなる。では、どうする。



ジャスティン・ギグナック
http://entre.yahoo.co.jp/contents/usabiz/080425/index.html

「アンチG展」

20091014034242
20091014034234
20091014034225
20091014034217



http://nariwai.org/archives/435


ナリワイというところにて。。



Gっちゅうのは、Gravityで大体ええと思います。

何が気になって観に行ったかって言うと、鉄と金属ってところかな。

僕の作品は金属といえばジャンクでしか作品を作ってないので、
職人技を観れるのではと思いまして。
何かシンクロシニシティ(意味のある偶然の一致)を感じるのではないかと思いまして。。
当然、観れタンですが。←



作者の岩田さんは関西の方で、まあはんなりしておりました。
同じ分子の強磁性しかり共時性というよりかは、
僕がしょうもない作家性故に、
作家に引っ張られていったという感じです。
僕の作品はまだまだしょうもないです。おもんないです。
続けていればなんとかなるとは思っていますが。


「proverb of Good looking」
薔薇の花を逆さまにした作品です。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花という美人をたとえることわざが
ありますが、逆さまにしても美しいだろうかという意味だとかなんだとか。
いろんなミーニングで作ったようです。。

とりあえず、この作品はえらく気に入りました。


この作品展が終わり、また関西に帰ってまうんですが、

ホント一瞬の衝撃と刺激を貰いました。


またお会いしたいところです。






こつこつ作るのってホント大変なんだからさぁああ!!

第35回 青年美術展のお知らせ

20090724113246



この度、東京都美術館にて展示を行います。
自分は立体、平面あわせて5点出品いたします。

この機会にコミュニケイトしたいです。
興味を持たれましたら、是非とも足を運んでください。




[題名]第35回 青年美術展
[日時] 7/28(火)~8/3(月)
9:00-17:00 ( 7/28は12:00から。8/3は13:00まで)
[場所] 東京都美術館(東京都・上野公園)第一彫塑室B ギャラリー地下2階
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 tel 03-3823-6921
※展示会場がわかりにくく、毎年問い合わせがあります。こちらをご覧ください。
http://www.dylj.or.jp/site/special/seibiten/seibiten_kaijouannai.html





Come on! I'll be expecting you!!!!!!!!!!!!!


アンデンパンダン展2回目

20080317161158
「趣味の生け金」という、彫刻作品作りました。六本木、乃木坂駅隣接の国立新美術館でしょぼんと展示されます。

[report]サイレント・ダイアローグ~見えないコミュニケーション展~

新宿となりの初台にて
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2007/SilentDialogue/index_j.html
常設展もおもしろよん

無意味の意味

20070927052127

追記:10:56am 9/27
ジャンククロックを作った。いらなくなったり、使わなくなった(壁掛け)時計にジャンクをパッチワークする。今回はチラシや雑誌の切り抜きなんだけども。
使えないものも(新しい)デザインを介せば、皆使える。
使えないものは無い。
使えないと見切るのはその人間だ。

アンディ・ウォーホルはブリロという洗剤の箱を積んで、彫刻と題した。
ピエロ・マンゾーニは自分の糞を彫刻作品として見出した。
今の時代、どんな表現をしていくべきだろうか。
少し感慨深く、鬱な日々。
でも、これからジャンククロックは僕のバイオグラフィーに根付いて行くと思う。
それは確信が持てている。

HPしっかり更新していかないと。ひゃあ、怒らないで。
ライブ終わったら更新するぞ!!夜中だぞ!!
行ってきます!!

十八氷解

20070925164713

追記-12:03pm 9/30sun
6時間着彩、水彩、アクリル、岩絵具(浅葱色)
浦和での(無料)絵画講習はいい経験にはなったんだけど、やっぱりボロボロでした。100点中、50点。ネックレスと顔に健康色を使って、ダメ出しをくらいました。顔も血っぽい感じにしてしまって。最悪でした。。。。。。。。。。
私立美大にはデザイン力で押せば受かるかも知れないとは言われたものの、、、、、、、、、、、(前回の「十七零点」含め)
悔しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



------------------------
今月の9月27日のライブはソロでアコースティックです。
よろしくお願いします。
ストリートライブは水曜日の予定だったんですが、
今回はできません。ごめんなさい。

五味成り護美成れ

レシート集めたり、切符集めたり、店でもらったビニール袋や紙袋を集めたり、まかないのテイクアウト容器集めたり、空き箱集めたり、段ボール集めたり、使い切った乾電池集めたり、小さい頃のものも残しておいたり、、、、、
全ては「もったいない」という感情から。

ゴミはゴミにしかならない。それは固定観念。
それをなんとかジャンクアートにしたいから、
でもジャンクアートにすると美しいゴミで終わる。
だから、一番いい理想はゴミを生活用品にするということ。

バイトなんで後ほど追記するが、今のところ、
僕は千羽鶴を創っている。
大きさはばらつきがあるが、紙くずは5センチ以内の正方形にして、
鶴を折って、切れたギターの弦に繋いで、、、、、、、の繰り返し。
ゴミは鶴に成って美しく成仏してほしいと願っている。
それが美徳であるかは別として。

いろいろ集めていると、本当にゴミにしかならないものもでてくる。
かんだ鼻紙をゴミ袋に入れていたが、もう燃やすべきか。
燃やそう。一旦、燃やそう。
片そう、部屋片そう。
部屋、汚いなあ。パンフレットもらい過ぎたなあ。
片そう、部屋片そう。
クリーニングしよう。
クリーニングしよう。


昨日は徹夜でクリーニングしてた。
少し綺麗になった。
最近はシンプルに根拠論で動いています。

アンデパンダン

日本アンデパンダン展というのがあるから、
その展示に向け作品を創ろう

今年は年齢等もあり、専門学校と大学には行けない。
つまり1年間猶予があるので、その間はお金を稼ぎ、多種多様な公募展に参加することにした。

闘病生活で感じたが、自分は生き急いでいるなあと。。。。
ゆっくり歩きたいなと思った。

いやもうすでにA-G・C

ブログの訪問履歴を辿ってみたら、
今井みはるさんという方が、僕のブログを覗いて頂いたようです。
たぶん、大竹伸朗の記事タイトルから来たと思われますが。。。
サイトのプロジェクトにある、
広島のやつ、もしかしたら行くかなー。

はじめましてですが、
その時はよろしくお願いします。

HOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。