アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2005-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界を超えなくちゃ、限界の意味がないんじゃないかなって

たとえるなら「酔眼朦朧」。ほとんど、無睡の日々が続いている。歳の流れから生まれた義務。有志から生まれた、アナログ的な義務二つとディジタル的な義務あれこれ。義務で壁が壊せるかな。いや、壊す手段が権利かな。
スポンサーサイト

飛ぼうとしたって、飛べなくたって、飛ぶ気もなくって

最近は地元と東京近辺を行ったり来たり。そりゃあ、出会いはたくさんあって。もしかしたら、ずっと繋ぐ糸になるのかもしれない。

体は死のうが腐ろうが、精さえ生きてりゃ直に蘇るさ…と、暗示をしながら、なんだか曇った空をぼうっと見つめて、雲を掴めないと了知しながらも掴もうとしている感じ。そんな今の心境。暇はありますかと聞かれたら、皆無ですが、時間が今しかないので、教育関連について書こうと思う。また、一つずつ書いてくか。

・教育関連の人とお話をして
ある一人の生徒を教師と先生が教育した時、当然の如く、二つの教育された生徒が形成されるのだろう。教師一人で生徒一人が人生から何から何まで、ぐるりと変わるわけよ。だから、学校の教育というものほど重要なものはない。(あるかもしれんが、類が違う)逆に学校の教育がないと、どうなのだろうか。いや、なくても人間は育っていって、形成されていくから、なくともいいと思ってもいいのかもしれん。ただ、人間を形成するのに、経験というものが必要で、話すのもそうだし、自主的に何かやるのも、何か提案するのも、学校はそのチャンスを与える場所かな。自分の色付けっちゅうような。どんだけの色にするか。道徳観には抵抗があるかもしれませんが、そうやって、批判能力をつけるために、道徳観というのがあるのかもしれないとも考えられる。それは、また、個々の思考によって様々な在り方があるが、またそれも一つの考えで。そんなかで、肯定ばかりでなく、否定を持てる力が必要なんじゃないかな。否定を持つ生徒が少なくなってきてるんじゃないかな。人に群がって、固まって、恐れから、寂しさから逃れたいから群れて、自己主張や自己表明能力がなくなってきちゃうんじゃないかな。しまいには、イエスマンになってしまうのかも。教師からすれば、売店……店ばっか


ごめん!まじ後で。

そりゃ吐きたいことは沢山あるさ

時間がないってのは、自分で時間を操っているとも言えて、この時、こうしたから、あぁ、こうなっちゃった。そうして、運命共同音たらなんたらもんが、流れていくような感じ。運は操れると見込もう。

はい、つうことでね。ないのよ。時間が。そうしたのよ。自分で。予定を入れまくったから。未だ見ぬ時にね。晴れかも雨かもわからん日々をね。(多少はわかっけど)ネタはあるんだ。ネタを咀嚼できないんだよ。咀嚼するための、思考する時間がないんだ。つまり、ここからはネタメモ。

・アジアデザインコンペ・締め切っっっちゃったよ
・GEISAI
・教育関連・教科書のない授業・あの番組
・REPORT・狂いこそアート(とは定義できんが)
・ロンドン芸術大学・ポートフォリオ
・ほのぼの童話館・創作童話・締め切っちゃうぞ
・日産:童話と絵本のグランプリ・10月
・学生広告論文電通賞・12月かよ
・音楽・それぞれ
・世田谷、高田馬場
・テレキャスターほか
・うたういみ
・美のテンション、音のテンション、普遍的テンション
・心理描写・高速伝達抽象網

だいたいこんなもんかな。全部書いてないけど。今、吐けるもん…
応募とかのやつですか。あと、テンション。少しずつ
応募ってのは、自分に義務感を与えて、挑戦する。自分の内に秘めてるもんを吐き出す機会。吐き出す事ができれば、自我の表現となりて、何かを思考するキッカケとなりて。
テンションはあれだ。絵を描く時と、ギター弾くときって、なんか、まったくもってテンション違うのねぇ。なんか心境的にはぐるぐるぐるぐるすんのよ。渦巻いてんのよ。ものっすっごい、変な気分。って、静と動なんだから、ったりめーだ。これを調和したテンションがまた気持ちわろくて。でも、なんだか面白くもあるの。不思議な感覚だから。



っはい、俺の脳内、こんな感じですが。

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。