アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2007-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いペガサス

(※注意:この記事はまだ発展途上なので、現在50%ほどわかってきたことを載せています。全てわかるまでには外国圏の考えも必要なので(英語等も駆使しなければならないので)、まだまだ時間がかかります。ご了承願います。 作成者junjun )
バイト終わったらちゃんと書きます。すいません。

がんばります。

5/29追記
いろいろ書こうと思ってるのだが、書けない。
はっきり言って、少し鬱ぎみ。。。。。。とほほ。
いや、いつも鬱か。
こんなんでいいのか。いいわけない。
来てくれたのにごめんね。

6/2/9:48am、6/3/4:54am、6/5/5:27am、6/8/2:38am、6/21/4:35am、6/23/5:31am、
初めましての人も、初めましてじゃない人も、来てくれてどうもありがとうございます。
これから血液型について、いろいろと書きたいと思います。
いろいろとケリを入れていけたらと思います。
文章を読むのが苦手な人も頑張って読んでください。お願いします。
簡単な言葉で表現できるところは、出来る限り簡単にして行きたいと思います。が、しかし、わからない言葉が出てくるかもしれません。わからなかったらヤフーの辞書やwikipediaというサイトで調べてください。だるいとか思わないで下さい。
つまり、血液型についてとは、血液型で性格が変わるかどうかということについて書きます。とても長くなると思うので、順番に書いていこうと思います。

1、自分について
20070925163514

まず、僕は最初は血液型で性格は変わると信じていました。きっと17年間と少しの時間の生活の中で、血液型を聞いたり訊かれたり書いたりする機会が多かったのと、テレビとかを観ていて、そう単純に考えていたんでしょう。それで、ではお前さんは何型なのか?と聞かれれば、O型です。献血しにいきました。献血というのは、(現代の救命において)血液を必要とする患者さんのために健康な人が自分からすすんで自分の血液を提供する(ボランティア活動の)ことです。【赤十字パンフレットより】僕はO型Rh+(プラス)でした。

2、Rhとか血液型について
Rhというのは、とてもとてもとても簡単に説明すると、自分の属性です。自分がプラスかマイナスかは献血すれば絶対にわかります。ここで大事なのは、献血というのは、誰かが血を必要としているわけだからするものなんだけれども、誰の血でもいいのかと言えば違うわけで、だから血液型というもので僕らを分けているわけです。そして、テレビとかを観ていながら生活している者にとっては、血液型は4つに分けられているんだなあと感じると思います。むしろ「血液型は4つじゃないの!?」と疑問に思う人もいると思います。しかも、それは年を取れば取る分、(血液型は4つだということは)疑う事無く信じ込まれて行くと思います。まあ、プライドっちゅうもんがありますから年を取ってきゃあそれが正しいと後世に教えます。それ以前に、物事について探求する暇や意欲によっても変わってしまいます。とりあえず現在の答えからしたら、実際には血液型ってのは沢山の分類の仕方があって、輸血の為に4つに分類してたものだけが、とてもとてもとてもとても広く広まってしまったのです。それは何故かと言うのは少し後回しにします。

2、そもそも僕が血液に興味を持ったきっかけ
いろんな環境と思考によって、そうもたらしたのだとは思うけど、単純に答えると「理科が好きだから」です。「生物学が特に好きだから」です。それは何故かと考えると、小さい頃の環境が大きいと思います。田舎で育ったからだと思います。何にも無いところに住んでいたからだと思います。何にも無ければ何か探す。見つける。遊ぶ。動物とか昆虫とか草とか樹とか水とか泥とかドブとか。何でも興味の対象にしたと思います。伯父の犬に噛まれたり、蜂に刺されたり、カブトムシ飼ったり、小鳥助けたり(今となってはそれはどうなのかと考えるが)、石蹴ったり、投げたり、川に水面ジャンプさせたり、ザリガニ飼ったり、金魚飼ったり、樹登ったり、、、、、、、。自然と戯れていたのが、大きな影響だと思います。逆に都会で育った人と話すと、ギャップ感でたじたじになることがあります。中学校時代なんて、そんなののオンパレードでした。オンパレード過ぎて、とても参った次期でした。例えば、でっけぇ昆虫がいるとする。掃除中の教室にカマキリがいたとする。そこで「うわぁ、キモッ!!」っつって、ほうきでパコーンッってぶっ殺しちまう。いやあ、それも無難な策なんだと思います。いや、でも俺からしたら、それは嫌で。俺はとっ捕まえる。とっ捕まえるという行為が否定されたりしたから、だめだこりゃあってなったと思う。その頃だと思う。中3の頃かなあ、血液型に興味を持ち出したのは。転向とか家庭環境とかで、すごく内向的な性格の時ですね。人の感情とか性格とかに一々過敏に反応している自分がいた記憶があります。一時期、血液型性格ブームとかってあってテレビとかでやっていたようなのも観た覚えがあります。そういうのとか、いろんなもんが絡んで興味が湧いてきたのだとは思う。ただ、それが擬似かどうかとかなんて思考は甚だ無いですよね。それよりも、「真実が知りたい」っていう気持ちが一番強かったと思います。

3、日本の謙虚さから生まれたもの
そして、最終的に言えば、血液型性格分類とかの類ってのは「人種を理解したい」とか「人との摩擦をなくしたい」ていうのが根源にあると思う。そういうのが無ければ、ここまで広まる事は無かったと思う。何故広まったかと言えば、テレビの影響が大きく関係しているというのは間違いない。本っていうのあるけど、流れからしたらテレビ→本という流れだと調べてて感じる。でも、この考えは日本近辺にしか伝わっていない。欧米には皆無。韓国もどっちかというと謙虚的な思想が強いのだろうか、映画にされたりとかなり浸透している。

4、これまで出会ってきた人の血液型
あんまり血液型がどうのこうのって言いたくないですが、小学校や中学・高校のころの周りの人の血液型ってのは、A型とO型が多かったです。だけども、(おおまかな)日本人の平均血液型比率を見て欲しいんですが、
A型 約40%
O型 約30%
B型 約20%
AB型 約10%
という状況だから、A型とO型が多くて当たり前です。小学校と中学校の卒業文集を見たのですが、血液型を記入する欄がありました。血液型と性格が関係しているかもしれないという考えが、もう既に根付いているのかなと感じました。大人の間ですが。その時の僕らなんて、そんなこと考えれるわけないですからね。ただ、血液型を記入する欄があるということだけはわかっているわけだから、「そういうものがあるんだなあ」と思うだけです。
僕は高校を1年で辞めたわけで、その途中で3ヶ月間通っていた東京池尻の「スクーリング・パッド」という学校はどうだったかと言うと、奇妙なことに(別に奇妙でもないか)B型が多かった。(あんまり「学校」て言う区分で考えてはいけないのだが)そこでいろいろ教えてくれた先生(であり先輩)方はみんなB型だった。特に僕にいろいろ指導してくれたKIYOさんとフィジーさんという人がいるのですが、その二人の教え方も結構独特だったなあとは今思えばそう感じる。KIYOさんはB型の九州男児で、フィジーさんはB型からA型になったと言っていた。学校だからと言って、キチキチした服装をするわけでもないし、それよりもいろんな事を見せるということで、東京のいろんな所に案内して頂いたりもした。良いことも悪いことも、その物差しがそもそも何であるかということも、そしてそれがいかに正しくて正しくないかもよく考えさしてくれた。サラリーマンという縦型式社会というのにも反感の意を述べていた。そのスクーリング・パッドという学校も特殊なわけで、その間にいろんなコンペがあるし、いろんな人が来るし、いろんなパーティーがあるし(それは言い換えれば、新しいビジネスを起こすという意図もあるし)、200人ぐらいの大人と喋ったのではないのかなあと思う。少しだけ喋った人もいれば、すごく繋がった人もいれば。まだ、自分の行動に理性的でないときもあって、ぶん殴られた時もあったし。とりあえず「3ヶ月のカオス」と言う言葉が今、すごくしっくりきている。期間は短いが、その時に見た景色は小・中・高の景色とはまるで正反対と言ってもいいほどだった。

5、今までの考えと今の考え
最初に考えていたのは、「血液型で性格が変わる」という考えだった。とても肯定していた。とても依存していた。だから、神経質という程、人の行動や性格に過敏になっていたと思う。むしろ、それが「正しい」と信じているからなおさらだ。一種の宗教にも近くなる。少し弱腰なんでしょうね、その考えは。例えば、表現のニュアンスがあるんですけど、僕は割りと抽象的な表現が好きです。「夢」とかっていう表現は曖昧だけど、「目標」だとリアリズムを感じる。その好き嫌いでしょうか。リアリズムが必要ならマニュアルや具体例が必要になる。夢の場合だと、自然とそうなっていくんじゃないかな。そうなろうと思っているから。リアリズムはないけど。生活が自然となっていくと思う。だから、具体的さは必要はないから、例外もあって。考えようになってそうなる。ミュージシャンになりたいと願う人がいて。その基準はなんだ?CDを出すこと?誰かの前で歌うこと?それもきっと考えようで。「俺はミュージシャンだ!!」と言ったらその人はミュージシャンかもしれない。宣言したから。ただ、他人からしたらミュージシャンじゃないかもしれない。それは評価で。異国の地の民族人が手作りの楽器で演奏している。その人もミュージシャンだと思う。別に音楽家かどうかなんて、カテゴライズする必要なんて無いと思う。ただ、それは僕の曖昧な表現によるもので。それは一つの正解で。「いや、分類するべきだ」という人もいて。合理的というか。その違いでしょう。それも一つの正解で。だから、その違いや性格は血液から来てるんじゃないかってのが最初の考えで。だから、何が違う?と思って調べようと思ったら、もう既にそういうことをやっている人がいた。そういう本をコンビニで見つけてしまった。能見俊賢さんという人で。だから、「へーそうなんだー」と感心して人に広める。。。。。。。。。。そんな人生、、、、、、、、、、、、、、、、にはならなかった。。。。。。。。。
そこで疑ったんでしょうね。平行していろいろ調べていましたから。そこに否定する人がいたから。血液型性格分類自体は30年ほど前から研究しているから、1976年あたりですか。昔はそんなにインターネットが発達していないモン(というか開発してるしワープロが主流ですし)だから、そこで否定的な意見なんてすぐにや聞けないと思う。いきなりそんなこと言われたら、関心したり信じてしまう。それに科学もそんなに発展していませんから、わかんないことだらけで。
人の性格をどうやって把握する?人に聞く。
ゾウの性格をどうやって把握する?ゾウを見る。
猫の性格をどうやって把握する?猫を見る。
だから、人の性格を把握するには人に聞くしかない。血液型も交えながら。難しく言うなら、統計学ですね。でも、そんなに全国民に聞くことできたのでしょうか。身内から始まって、会社の同僚、上司、部下、、、、、、、、、、、、、、、。いろんな人に聞くことはできると思うけど。その当時4つとも呼べる固体に分けれたのでしょうか。合うか合わないかとか、好きか嫌いかとか、できるできないとか、そういうのを一個一個聞いていったのだとは思うのだけど。何の為?誰の為?理解するため?すごく興味深いとは思うけど。合わなかったら、合うように努力する?誰が、何か、決め付けていい?止める?止めない?好きにする?、、、、、、、、、、
そのコンビにで買った本には表があった。血液の気質特性とやらが。それを引用したいと思う。

血液型行動学研究室 監修:能見俊賢(宝島社)
より 
--P.63を引用


     気質特性(長所と短所)
-----------------
O型 ・目的思考が強い
    (長所・実行力があり、意志が強い
    (短所・強引で仕事にムラがある
   ・欲望がストレート
    (長所・情熱的で愛情が深い。積極性がある
    (短所・独占的で所有欲があり、がめつい
   ・ロマンチックな性情
    (長所・夢や理想があり、感動性に富む
    (短所・子供っぽい。口先だけ
   ・直線的な考え方
    (長所・率直で人がいい。直観力に優れている
    (短所・単純で大雑把。独断が多い
   ・仲間作りと仲間意識
    (長所・面倒見よく、友情に厚く、家族思い
    (短所・身内ばかり大切にする。えこひいき
   ・スキンシップな愛
    (長所・人間味があり、人なつこい
    (短所・人に干渉しがち。ベタベタする
   ・自己主張と自己表現
    (長所・明朗で表現力や指導性がある
    (短所・出しゃばりでひと言多い
   ・言葉の使い方が巧み
    (長所・論理的で説得力がある
    (短所・口だけ達者で理屈っぽい
   ・行動に原則を持つ
    (長所・信念的で行動が明快
    (短所・押しつけがましい
   ・感情があとに残らない
    (長所・淡白でおおらか。寛容
    (短所・いい加減で人の気持ちに無神経
-----------------
A型 ・周囲や相手に気を配る
    (長所・思いやりがあり、よく気がつく
    (短所・神経質で周囲ばかり気にする
   ・人間関係の平穏を望む
    (長所・穏やかで人を立てる
    (短所・事なかれ主義。八方美人
   ・秩序を重視する
    (長所・礼儀正しい
    (短所・形式的で人に差別をつける
   ・型にはまりやすい思考
    (長所・堅実で常識性がある。大人
    (短所・早合点で石頭。心が狭い
   ・過去を楽観視
    (長所・サッパリして思い切りがいい
    (短所・強がり。反省が貧しい
   ・完全主義を目指す
    (長所・責任感と根性があり、仕事丹念
    (短所・細部にこだわり、くどい。弁解する
   ・現状維持に満足せず
    (長所・向上心と実行力があり、マメ
    (短所・気が小さくて短期。焦りやすい
   ・神経の傷回復が遅い
    (長所・繊細で負けず嫌い
    (短所・恨みが長い。執念深い
   ・心に現状脱皮を願望
    (長所・現状に満足せず、常に自己改造
    (短所・不平や愚痴が多い
   ・何かに役立つことが生きがい
    (長所・使命感や道義心が強い
    (短所・独善。きれいごと
-----------------
B型 ・束縛嫌うマイペース
    (長所・自主性や独立心がある。依存しない
    (短所・わがままで勝手。独走する
   ・行動が型にはまらない
    (長所・気さくで飾らない。ざっくばらん
    (短所・無作法で脱線しがち。ズボラ
   ・照れ性とひねる表現
    (長所・人がよくておもしろい
    (短所・無愛想であまのじゃく
   ・差別なく心を開放
    (長所・開放性があり、温かい人柄
    (短所・無用心で無礼。目上と思わない
   ・行動移動が早い
    (長所・エネルギッシュ。決断と実行
    (短所・慎重さが不足。落ち着きがない
   ・興味多方面で集中性
    (長所・凝り性で粘り強く、研究熱心
    (短所・興味本位で浮気性
   ・将来には楽観的態度
    (長所・前向きで開発開拓精神がある
    (短所・考えが甘く、そそっかしい
   ・感情の振り幅が大きい
    (長所・感受性豊かで人情味がある
    (短所・お天気屋で神経質
   ・脱家庭的傾向がある
    (長所・仕事や社会に生きる
    (短所・家庭や家族への責任感に乏しい
-----------------
AB型 ・合理性に富む考え方
    (長所・分析が正確で理性的。しっかり派
    (短所・ドライに割り切りすぎ。情が薄い
   ・社会参加と貢献を望む
    (長所・誠実で社会的義務感がある
    (短所・無遠慮で謙虚さが乏しい
   ・人間関係の調整が巧み
    (長所・ビジネス有能で公平。ソツがない
    (短所・調子がよく、常に第三者的
   ・社会で人との調和を望む
    (長所・冷静沈着でにこやか
    (短所・人間性や感情性が少ない
   ・距離を置く対人性
    (長所・さっぱりしてる。派閥をつくらない
    (短所・クールで身内意識を持たない
   ・集中性が高く持続性が少ない
    (長所・能率的で要領がよい
    (短所・飽きやすく根気が乏しい
   ・考え方や解釈が多角的
    (長所・企画性があり、考えが幅広い
    (短所・言い訳やこじつけがうまい
   ・メルヘン的空想趣味
    (長所・夢がある。感傷的な優しさを持つ
    (短所・子どもっぽい。現実離れしている
   ・経済生活に理性的
    (長所・経営能力や生活力がある
    (短所・計算高く、ケチ。儀礼を軽視する
   ・生活最小限の安定を望む
    (長所・堅実で用心深い
    (短所・私生活を守る個人主義


--引用以上

どうだろうか。当たっているだろうか。
当たっているのだろうか。
当たっていると感じた人は、(いかなるきっかけであるにしろ、)少しばかりでも血と性格が関係あるのではと意識内にとどめた人だろう。
僕はこれが30年の答えなのかと感心。
だけど、これらを絶対に鵜呑みしてはいけない。
まず、疑わないといけない。
何故、疑うか。
、、、、、、、、、


過信するばかりにそうなっていくと思う。
例えば、アイスクリームがある。
アイスクリームがうまいと感じる。
甘くておいしいと思う。
別に誰かに食ってはいけないものだとは言われたことはない。
だけど、アイスを食ってはいけない家庭があるとする。
アイスは危険なものだと小さい頃から教えられる。
アイスを食べるものは出て行けと言われる。
アイスは食わないでおこう。
約束は守っておこう。
、、、、。

要するに、何を信じるか信じないかだと思う。
それが生きづらいか生きやすいかの違いだと思う。
イスラム教は通常、豚肉を食べてはいけない。
同じ人だけど。
そういう縛りがある。
そこで豚肉食ってやろうっていう人が現れるかもしれない。
「人生、一度きり。えーい、他国へ行って食ってやる!!」
そんなイスラム教の人。いないことはない。
食べて改宗だって、する人はいる。
そこで、約束とかルールを破る性格が血液関係あんのかーと言ったら、
調べない限りわからない。でも、関係ないと思う。
破りたい人は破ればいいと思う。
(でも、しかし、私が様々なことを勉強している上でその価値観も正しくなくなって行く可能性もあるのである;証明・証拠の手立てが見つかっていくということである。だから、完全に「関係ない」とまだ言えないのだ。)

一人で考えてもしょうがない。独りよがりの考えになる。
むしろ、信じてる人と信じてない人の考えを聞いて、中立的に結論を出していかないといけない。それは僕が望むこと。
そういうわけで、バイトのバーミヤンの人の何人かとは話をしました。
店長(O/Rh?)とM-DA(AB/Rh?)さんとY-NO(B/Rh-)さんとT-OKA(A/Rh?)さんとよく話しました(身内ネタで本当にすいません)。特にTさんとはとても話しました。若干というか、そういう話をもともと興味を持っていたらしく、「解決してくれよ」と言われました。「あたしはAだけどOっぽいって言われる。兄弟はOだから。」とも言われた。この「っぽい」てのが引っかかる。その「~っぽい」てのはいつから出来たモンだか。そして、その「~っぽい」の定義は完全に、経験的統計学だ。血液と性格が関係してると信じてから、ずっと。Tさんは上記で書いた本を知らないから(その本を僕は紹介していない)、テレビで言われてからだと思う。いや、わからない。そこまでは聞いてない。とりあえず、僕は平行して調べる。
その「~っぽい、ぽくない」を簡単に説明できるだろうか。
血液性格を肯定してる人は、「その人はAA型じゃなくてAO型だったんじゃないの?」とでも言うのだろう。そうかもしれない、それが仮に当たっていようがいまいがかまわない。多分、問題はそこじゃないと思う。
問題はバーミヤンとか何でも職場だったら、「仕事ができるか、できないか」だと思う。できないっていうのも、経験的問題だし、トロかったら早く動けばいいし。いちいち「血がどうのこうの」って考えてる場合じゃないと思う。うるさければ、うるさいと思われるし。すぐ「何で?」とか聞いちゃうなら、推理するように心がけるし。地位を上げたければ新しい何かにチャレンジするし、店長になるし。給料上げたければ、給料上がるように頑張るし。見たことも無い世界を見たこともあるようにするのは不可能だし。出来ても嘘や作り話だし。見たことがあるから、それを理解することもできるし。そうなりたいと思うならそうなるだろうし。そうなりたいと思わないなら、そこにメリットを感じないと思うのだけど、なってみないとわからない話だからなってみるのも悪くはないと思うし。あとは考え方による。

段々、調べていけば否定的な意見が沢山出てきて。
血液性格は科学じゃない。疑似科学。さようなら。
いや、疑似科学だと思う。だって答えを出す方法が統計学だもん。
性格なんて実際見てみないとわからないし。
話さないといつまで経ってもわからないし。
だけど、否定的な意見も聞いていかないといけない。
そこで、一番初めに読んだのが「ブラッドタイプ」という小説。
先月のライブ(5月14日)まで、連日徹夜で読みました。
読書慣れてないですからね、すごいトロくて。
ライブまでには読みきろうと。不安残りでライブしたくないし。
、、、、、、、読みましたが、すごく面白かったですよ。
臨床心理学も交えながら書かれていて、すごく面白かった。
そこで2点引っかかった部分があって。
「バーナム効果」と「血液脳関門」ですね。

ブラッドタイプ/松岡圭祐(2006/10/05/第2刷)より
--P.78~79を引用
(あくまで本の綴りを再現したかったので、テーブルタグを使って縦書きで読めるようにしている。動作環境により、マックだとカギカッコが「?」になってしまうのもある。)











































 、
 
















だ。
 













た。















 。








か。


 











く。














 、
 









 。


























?






す。

















ト、












き、



 






す。


























は、

















?
 










た。




は、

























































?




































































































す。



























































































































す。
















































う。
































構。



は、



















を、














 
 














た。





も、



















た。






















い。













?













り、















は、








す。



































す。














?






た。





に、



















す。


し、






















ば、

















た。




 















た。














鎮、










 
 



--引用以上

性格とか心がどこで生まれるかっつうと、おおよそ脳だと思われる。
だから、巡っている血と脳が関係してんじゃねえかっつうんだけど、
そこには血液脳関門という血も通れない場所があって、、、、、(略。
人間の性格は多面的だと言いたいわけです。
しかし、(それはわかったから)それにはちょっと思うところがある。
ただこの小説は、一時的な答えを開示・照明してくれた事に意味がある。

、、、、、、










ーー考えて行くべきこと0ーー

少し、遠目で考えるとほ乳類には血液が流れています。
犬にも猫にも血液型があります。
(参考)
http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20020922A/
http://ww3.tiki.ne.jp/~nsasax/pet/medical/blood-type.html
http://www15.ocn.ne.jp/~anne999/wan-blood2.html
血液型性格分類はAとかBとかの抗原によって決まっているもんかねとか思ってたんだが(実際O型(の私)に抗原もクソもないが)、他の生物と一緒に考えると少し面白い方向に流れると思う。
それにしちゃあ、関係無い話題ですが、ユングの考えに従うと、猫は内向性な性質で犬は外向性な性質だなあと。そこらへんはもう進化の過程なんで、別問題で。
じゃあ、なんで人間が外向性と内向性の考えに分かれるかがポイント。
それは教育と遺伝と環境が関係していくでしょう。






ー考えて行くべきこと1ー

血液 型によらない血液型?性格類型
http://www14.plala.or.jp/fjts/
(少し有力的に考えて僕はシフトしている。ただ、これが正しいかどうかは(僕の中では)結論が出ていない。)


骨髄移植と性格 脳と性格 ABO FAN
http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/kotsuzui.htm


ABO式血液型と人間性の関係を科学的に解明する
ABO STUDY コスモグラフィアを目指して 判断方法から見た世界観
http://www10.ocn.ne.jp/~kanam/index.html



B型によるB型のためのB型の研究 (上巻)
http://grabby.web.infoseek.co.jp/type_b/
この中で、B型は高等貴族?という考えに、少し解決の糸口はあるかもしれない。
生物に高等もクソもないが、高等と呼ばさせることはできる。



ーーーー











・まあしかし、でしかし、血液型性格分類の方々もそもそもの性格の基準を知らない。
もともとの答えを知らない。だから統計学を行っている。だから批判も受ける。
・血液型性格分類を始めた人は、
1:それが変わるだろうと断定して調査していたのか
2:又、それに伴う影響や少数意見を尊重していたのだろうか
3:そして、そのわかってきたことを最終的に(経済的効果を除いても)何に役立てようと思っているか
そこがポイントである。
その心理を(私は)訊ねていかなければならない。
・30年前にゆかりさんの経験推測(;それはきっと、考え方の食い違う人と出会ったからであろう)からなるのが、血液型分類の発端だとは思うが、
そう思わざるを得ない特徴があったから、30年前であってしてもそうであったのだろうと思えばいいのだろうか。責任はあると思う。しかし、追求するのは責任ではなく、これらの疑問等を、いかに社会的にも含めた完結さで終わらすかである。私は自己解決ではいけないと思っています。





、、、、
先は遠くなります!!!!!!









ー考えて行くべきこと2ー
、、、、
+A1,A2,,,B1,B2,,,,等について
、、、、、
引き合いに出されるのは大抵B型、、、、、憤慨!!!!!!
韓国映画「B型の彼氏」、、、、、、、、、困惑!!!!!!


誰が疑問を持つだろうか
誰が科学や根拠的に判断するだろうか


ー3ー


[Document title
Blood type and the five factors of personality in Asia]

(簡易訳)
---
(翻訳)
表題
血液型とアジアでの性格の5因子

5因子という謎の言葉が出てきましたが、海外でよく使われる性格判断のようです。後ほど取り上げます。


[Research investigating the association of blood type with personality has yielded mixed results.]

(簡易訳)
研究は、調査している、性格と血液型の関連性を、協会を、もたらした、混合した結果を、入り混じった、功罪相半ばする、
(翻訳)
性格と血液型の関連性を調査している研究は、功罪相半ばする結果をもたらした。

入り混じった結果でもよかったけど、功罪の方が良いとも悪いとも言えないという意味で、無難かなあと


[Two recent studies (Cramer & Imaike, 2002; Rogers & Glendon, 2003) used inventories based on the widely accepted five-factor model and found no significant relationship between blood type and personality.]

(簡易訳)
二つの最近の研究(クレイマーとイマイケ、2002年に;ロジャズとグレンドン、2003年に)は、使った、使い古した、人物調査票を、一覧を、広く容認された5因子モデルに基づいている、
そして、見つけた、下した、全く持って意味の無い関係、無有意な、血液型と性格には、
(翻訳)
二つの最近の研究(クレイマーとイマイケ[2002年の];ロジャズとグレンドン[2003年の])は広く容認された5因子モデルに基づいた人物調査表を使って、血液型と性格の間には全く持って関連性が無いことを下した。



[Our study is the third published article to examine this relationship using the five-factor model.]

(簡易訳)
私たちの研究は、である、第3の、3番目の、公表された、出版された記事、論文、この関係を調査する為の、5因子モデルを使うことで
(翻訳)
私たちの研究は、5因子モデルを使うことでこの関係を調査する、3番目に公表された論文である。


[We analyzed 2681 Taiwanese high school students who completed the Chinese version of NEO-PI-R (Costa & McCrae, 1992a) and reported their blood type.]
(簡易訳)
私たちは解析した、検討した、2681の台湾のハイスクール生徒に、完成した人格検査(の質問紙)の中国版を(コスタとマックリー、1992年に[*aは多分ミス(論文でミスするか?)])、そして、それらの血液型を報告した、公表した
(翻訳)
私たち(1992年、コスタとマックリー)は完成したNEO-PI-L(人格検査質問紙)の中国版を2681の台湾の高校生に検討した。


NEO-PI-L っちゅうのは
【略】 =The Revised NEO Personality Inventory/NEO PI-R, is a psychological personality inventory=人格検査(質問紙);
a 240-question measure of the Five Factor Model:
Extraversion[外向性], E:温かさ、群居、実行、活動、興奮、前向き
Agreeableness[同意性], A:信用、率直、愛他、従順、優しさ
Conscientiousness[誠実性], C:能力、几帳面、信頼、やる気、努力、慎重
Neuroticism[神経症的傾向], N:不安、敵意、抑うつ、自意識、衝動、傷付きやすさ
Openness to Experience[興味開放性],O:空想、審美、感情、行為、発想、価値
、、つまり、日本では有名ではないビッグファイブ(人間の性格というのは大きく分けて5つの性格因子で説明できるという性格心理学の理論、血とは関係なく)による、代表的で海外では有名な心理テストのこと。
[参考:台湾での血液型研究 ABO FAN
http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/taiwan.html]


[An ABO blood group test was performed on a sub-sample of 176 students in the pilot study to assess the accuracy of blood type recall.]

(簡易訳)
ABO式血液型テストは、実行された、行われた、(副標本?)下位(補欠)サンプルで、176の生徒の、予備的(試験的)研究に、パイロット・スタディーに、血液型改修(リコール)、再現率の正確さを判断(評価)するための
(翻訳)
ABO式血液型テストは血液型再現率の正確さを判断するために、予備的研究に176の生徒たちの補欠サンプルで行われた。



[Multiple linear regression analysis showed no significant relationship between blood type and personality except for Type AB females who scored lower on the Conscientiousness domain.]

(簡易訳)

(翻訳)



[MANOVA results showed that the combined dependent variables were not significantly affected by blood type or its interaction. ]

(簡易訳)

(翻訳)


MANOVA は
【略】 =multivariate analysis of variance
多変量分散分析


[We concluded that the potential effect seen in Type AB females on Conscientiousness might be a chance finding because of the small sample size (78). ]

(簡易訳)

(翻訳)



[Academic achievement was positively related to Openness and negatively related to Extraversion. However, BMI was inversely related to Extraversion in females.]

(簡易訳)

(翻訳)





翻訳協力、補助
英辞郎[http://www.alc.co.jp/index.html]と英会話スクールのみなさん


ーーーー



-4ー

テレビを見ている人とは

根拠、読書、理数

迫害的

血液型は変わるもの

演技、役者、染み付いた-無意識な役者

肯定派、否定派

肯定をいかに中立させて行くか

そもそもの基準を皆、知らない

統計学と多数決と信憑性

単純さ 外的思考

メディア

海外の考え、外人個人の考え

無意識と意識的行動

観察着眼点

多面的性格

ステレオタイプ、固定観念

~らしさ

世論、世の中、性善と性悪、

直感論と根拠論

血液脳関門

意識実験

右脳と左脳思考
・それもまた植えつけられた思考、教育

白筋と赤筋、ピンク筋

倹約遺伝子;太りやすい性質

心理学者ウィリアム・シェルドンの提唱「ソマトタイプ」→人間は3タイプ?

恋愛と占いとハッピーエンド

バーナム、自己

既にバーナム社会

バーナムのある意味のよさ

教育と思考

うちの親父

能見さんの意義、能見さん心理

中立的な視点

どえらい国会議員さん

abo-world

blood type

真実

科学と疑似科学

人間と種族

縄文顔(厚い唇)と弥生顔、狩り型、、

外面による性格形成、または遺伝

発展して解ってゆく事

推理視眼と想像力

ーーーー

有力参考
http://s03.2log.net/home/mri/archives/blog34.html

だから私は単純な故に、知りたい事をすぐにそうだろうと思ってしまった。
そこには根拠的思考が足りなかった。
それは教育によって養われるもの。遺伝?
本を読まなかった(読めなかった)のも大きいだろう。
私には母親がいないわけで、その代わりばあちゃんや伯父の家で育てられたわけども、
そこで根拠的思考が身に付かなかったわけだが、
その対価としては創造的や直感や思い付きで動く事はできた。
(それが右脳やなんたらかは未だによくわからない。)
だけども、あまりに根拠的な教育を受けるのもよくない(のではないか)。
どうだろうか。
ユングの考えに従い幼き頃を考えてみると、
私は外部の刺激を受けやすかったと思う。
自己理性や自己集中力なんてもんは極端に無かったと思う。
この考えてきた事をもっと理解して、誤解無く人に伝えなくてはいけない。
人は忘れるから、また薄っぺらい理解により、誤解が生まれていくのだろう。




結果的に良い事と捉えるなら
直感論と根拠論で行動する事ができる




6/2/9:49am
実はもう、否定にまわっているので、それを頑張って書きます。
6/5/5:16am
そういう風にも言ったりなんだり、中立的に考えなくては意味が無いと現在思った









僕は今、中立的にいます。

20070925163614

スポンサーサイト

明治神宮前

20070526162001
銅像の格好をした人がいた。U2の音楽ではっちゃけた人がいた。

514

5月14日に3回目のライブをしました。


1番目のRe:highziさんはvoとguとbaが女性で、drが男性の4人組バンドです。(女性キーボードもいたけど、サポさんかなあ)
オリジナルとコピーをやっていました。初花凛々(SINGER SONGER)とトワイライト(GOING UNDER GROUND)とライフガード(オリジナル)とあと1、2曲ぐらいやったと思うのですが、僕は控え室で準備していまして、あまり聴く事はできませんでした。申し訳ないです。
そのかわり、夕方のリハはちゃんと聴きました。がっちり耳に入れました。控え室でいろいろ喋りました。すげー話しました。いや、そんな話してないか、いや、話した。シロップの話をした。絵と写真とおにぎりの話をした。僕はソロだったし、しょんぼり感がハンパなかったので、いつかバンドで対バンしたいと本気で思った。ホントに実現して欲しい。その時はオリジナル同士で対バンしたい。


3番目のValsさんは男性vo.guと男性guと女性baと男性drの4人組バンドです。感想はグレイトフルな演奏で、かっこよかすでした、そりゃもう。僕は正直、ギターよりベースが好きなので毎回ベースを要ちぇけらするのですが、ベースすげえよかよかすでした。パワープレイじゃなくて、丁寧な演奏も心がけたいと思った。


4番目のPAMPAS FIELD ASS KICKERSさんは男性vo.guと男性baと女性key.フルートと男性drの4人組バンドです。voさんが留学していた経歴やテロ事件もあったわけで、平和に関する唄を歌ってました。とてもリアルだなあと思った。キーボードとフルートの切り替えが早かった。きっと願っていることは、同じなんだろう、、、、、、と思う。多少、表現が違うだけで。ジャンルが違うだけで。でも、英語っていうのがいい時もあるけど、伝わらない時もあるなと思った。言語観で曖昧になってしまう時もあるのかなあって思った。でも、十分伝わってました。
ドラムさんも留学したらしく、控え室で尊敬するドラマーについて話した。レッド・ツェッペリンのドラマー(ジョン・ボーナム)が好きと言っていた。


5番目のH.EATさんは男性vo.baと男性gu.voと男性drの3人組バンドです。えーと、一言だとジャスティネーションバンドです。テレビ埼玉で深夜や早朝にPV流れていまして(「ジャスティネーション」の)、あの人たちと対バンするのかアと思いました。びっくりやわあ。あのう、ベースのストラップ低っっ!!!!!!!!!!!!!!!と心底思いました。プロだからかまわず弾いてましたが。低いのがお好きなのね。2曲目の前に水筒で一服するなんて、、、、、、、、さすがーと思いました(いろんな意味で)。面白いですね、すごくすごく。観客を飽きさせることを嫌ってますね。ギターさんはジャズマスターでシャリシャリ(そんな音でもなかったけど)弾いてました。グルーブすごいですね。ソロなんで、一人であそこまでは無理だなあと思いました(パソコン使えばぎりぎり、、、、可能かも知れないがやっぱり人間の方が、、)。
最後のジャスティーネションでハンドアップするんですけど、なんか狐らしくて。グーでもピースでもなくて、狐らしくて。みんなで狐ハンドアップしました。面白いなあ、こんこんばっかで。

ベースでフロントマンの畑さんが声を掛けて下さって。なんかめちゃくちゃ話しました。友達になってくれました。10歳近く離れているのにいいい。ツアーをしているから、逢うことはホントに少ないけど、今度はバンドで対バンしたいなあと思いました。「なんで狐ハンドなんですか」って訊いたら、「狐でやりはじめたら、狐になってしもうたー」って、なんか適当すぎて面白い人やなーて思いました。適当は一番適当であることに間違いはないのだが、あーでも、あんな風な生き方もあるなと、ふつりふつり。ちょっと深く考えるのを止めて、ぺらぺらと一緒に話す。





僕は2番目で19時10分に歌いました。
正直ライブの時間は流動的すぎて、毎回記憶があんまり無いです。
とても暗いライブをやった。赤と青の照明をお願いした。

セットリスト
エレキ
-intro
1・トランスペアレントアンブレラ
2・16(instのみ
3・思考犯罪者(仮名
4・514(即興




今回は少し、目的があってライブをした。
暗い音楽を聴いた事が無い人の耳をかっぽこじ開けるために歌った。
何故なら格差を減らすために。暗い世界もあるという思考を増やすために。明るいというか、結局は作品性の問題になっていくんだけれども、
ライブだから盛り上がればいいというわけでは無いと思っている。
いや、盛り上がる日もあってもいい。
あとは気持ちの問題で。
その暗さに耐えれるかどうか。
いや、耐えれるように全力を尽くした。

だけど、伝わってなかったかなあ、、、、、、、、、、、、。
伝わってたかなあ。
歌詞がはっきり聴こえるようにとは言われた。


来月はどうなることやら。


タイトルなし

すごく忙しいけど頑張る

紅いガーベラが思い出させて

20070514163108
つい何日か前に嵐のような風が吹いた。全て思い出したよ。

あるがままの個性を

名無しの虹

20070503113713
昨日は土砂降りの夕立に打たれて、大宮の献血センターと日暮里に行った。

忘れるな、、、、

思い出せ、、、、

HOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。