アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界と同化

コメント

この記事へのコメント

前衛芸術好きなのですか?

大好きです。

補足しますが

今日はそのような攻撃的な芸術を行うことがなくなってきていて、いわゆる「平和」なわけです(ある程度日本は)。
ですから、そのような芸術はお目にかかることはほぼ無く、カオスな社会からはカオスな芸術が生まれてゆくのが現状だと私は踏んでいます。
しかし、関連して「ジャンク・アート」というものがありますが、これは今日において、とても素晴らしい表現方法だと思います。

美術をやる私は、無駄に創作物を創ることは否めないことで、それが社会に意味を持たさなければ自己満足であり、自我との葛藤がよくなされるものです。その思想は私の存在意義から、生物の生死、宇宙や自然の摂理などに至ると思います。
考えた結果、美術というものは、「万物(空間、時間を含め)を美しくする術」です。単純に美しいものを創って行く時もあるだろうとは思いますが、私はその美術の特権的能力を最大限に生かし創って行くことは何かと言えば、「ジャンク・アート」だと確信しました。

溢れて行く情報(非視覚的)と廃物(視覚的)が埋まる時代の中、生物として自然に還るには、美術をやる人は、そのような事をやる必然性があると思います。

その教育が今日は失いつつあります。また悟る必要もあります。美意識を普段から持てば、一層よりよい社会になると信じています。いずれ、私は死にますが。


と、長文になりましたが、こんな心境です。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/104-0f7b6df9

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。