アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-11
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術と演技、能と狂言

誰だって演技はしているもので、今もそう、演技をしている。と思う。
普段の日常会話よりも、美辞麗句で書いている。それは、誰かが読んでいて不快だなと思ってはいけないわけで、現在、高認の勉強をしているということもあるからである。そうでなくとも母国語なのだから面白い日本語はどんどん活用するべきである。これは綺麗事か。いや、本心だ。




まだ使っていない日本語がある。まだ、知らない日本語がある。
辞書を食べよう。本を食べよう。血(知)になるから
…と言う言葉もまた、日本語特有の比喩的表現である。





ただ、日本語も進化しているのか退化しているのかはわからないが、略語やあだ名が浸透して、「ことば」として成立しているものもある。


仮に周りが間違った日本語や、略語ばかりの仲間だった場合、感化されるのである。例えば「ウザイ」や「キモイ」。大分、浸透していますが。言語とは利便がよければよいほど、変化していくものだと悟了しておこう。



本心は「ウザイ」等を使うべきか否か。それはどちらでもよくて、接する相手に応じるべきである。初対面の時は、というか初対面で最初から「ウザイ」を使うのか。使いません。年上だったら特に。「初めまして、うざいですね。」ということはない。話して理解するものである。俺が言いたい本質は、「温故知新」で、忘れないで下さいよと言いたい。










みんな演技しているのではないか!!?もう一度問う。


……
いや、君のこと知らないんだ、いや、俺のこと全部知らないだろ。
みんな様子を伺っているんだ。
こいつ嫌いだけど、すごく熱がある。いや、別に嫌いって言ってもいいけど、からまわりそうだから、言わなくていいや。うわべだけでいいや。
……
いや、君のこと知らなくていいだろ。好きな食べ物なんて知らなくていい。
君と結婚するわけじゃないし。
いや、俺のこと全部知らないだろ。知ったって何に使うんだ。俺を全部見せたら空っぽになる。独りの時間もみせるのか!!?
……
独りの時間は演技してないでしょ。なにやってるの。
音楽聴いたり、絵描いたり、リサーチしたり、病んだり。
親友がいれば病まないよね。話しているから。演技はしないよね。
でも、間違いは指摘するけどね。キモイところとかも。
……
自分がどう思われているかなんて考えたことある!!?
中学の頃はしょっちゅう。絶対、嫌われてたよ。
嫌われていたのには理由があるよね!!?
俺に非があるんだ、直せばいいんだ。
高校では直せた!!?
無理だね。
……
自分はみんなに出せてる!!?
自分ってなんですか。一番近いのに、一番理解してない。自分を出せている時と、出せてない時がいる。それは双方の波長。オーラ。出せなかったら、きっと俺は負けている。親友は5人かな。それもわからない。
それ以外の他の人とは演技!!?
演技というか、出せないじゃん。ネタがないから。音楽興味ない人に音楽のこと話しても。というか、ポップスの話しかしてこないから話さない。もう少し、ビートルズも愛してくれよ。
それは必然だと思う!!?
俺は必然だと思っていて、それは日本の教育と社会におおいに影響すると思う。利益を出すための音楽ばかりになり、面白くない。しかし、そうしないと日本が成り立たないから、やるしかないけど。アンダーグラウンドは熱の音楽だろう。売れるかは別として。その熱は自己の思想に影響して、新たな創作活動の熱となる。売れるかは別として。
……
……











そんな摩擦の繰り返し。だから演技をする。
余計な衝突を減らすために。鷹と成って爪を隠す。






これが日常の演技。必然。
それを埋めるためにブログを書いているわけではないが、人間の理解が深まって欲しいなと思ってブログは書いている。










そして、
その世この世のサイクルを、人は芸術にするのです。
アイデンティティーを残すため。後世に伝えるため。
そして、後世の人が温故知新。
そして、未来は発展。地球はけがれる。












その輪廻です。循環です。
生々世々
生者必滅
盛者必衰





蕭蕭(しょうしょう)たる日々を芸術で唱歌しよう。
「大地讃頌」(カンタータ「土の歌」第七楽章)は中学で唄いましたが、
ようやく本質的な意味がわかりました。














かくして、私は生きている。
新たな芸術を観ました。能と狂言です。
現代語に近くはあるが理解しづらいので、内容は一度調べておくと観覧にも熱が入る。倦厭しがちな日本文化。ティーンズは観よう。

ということで、破壊的にわかりやすく言うと。
「狂言」は「お笑い劇」。そうコントなのよ。
「能」は「音楽劇・仮面劇」。スローペースミュージカルって解釈して。

少しは興味湧いた!!?
あとは、自己とリンクしないと興味湧かないよね。
俺は絵や音楽や服飾の創作活動に影響するけど。
そうでないと、つまらなく感じちゃうからな。

来年の神田明神薪能で会おう!!!!!!


コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/108-dcc2ea1b

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。