アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバンギャルド・コミュニケーションによる結論

なんか沢山長文書いたんですが全部消えてしまって、がっくしきている どうもbcです。

最後に書いた詞を思い出しながら書きます。
----------





個性表現を許された社会に目をつぶり

遠回りな軌道を描いて僕らはすすむ

模範解答は示せない社会に芽を肥やし

空回りなレールを紡いで僕らはすすむ


君と交わした幾度の言葉

君がかわした幾度の事は

僕が綴った言葉の果てにも

僕の察する疑問の先にも

どこに居たって眠っちゃくれない どこに居たって隠れちゃくれない


このアバンギャルド・コミュニケーション

一体何人が解読してる 一体何人が理解している



あいつの目 こいつの目 あの人その人の目

そんな目は無視して ひた走る者に感動していた

生きる死ぬとか 意味や理由とか 余計な事考えまくったが 

そんなものは払って 突き進む人に感動していた



全ての先に僕がすること

ひたすら目標に向かって突き進むだけ

それ以外に何も残されちゃいない

滑稽で小さな人生











--------

プロミス プロミス

一生君の日記綴れや

僕は一生応えてやるよ

だから

僕は

行くから

進むから

コメント

この記事へのコメント

詞読みましたが、アバンギャル・コミュニケーションってなんですか?
 

はい

直訳からしたら、
・前衛(的)意思疎通(又はコミュケーション)
でありますが、
その定義を作ったのは僕であります。

新しく記事にしますね。
お待ちください。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/123-6fb0b30f

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。