FC2ブログ

アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,
教師・医師・先生・老人
最近は、底色のことなんてまるで考えていないのだろう。
考えてたら、日記は毎日更新してるはずだ。
脳の中で考えの塊はあるかもしれないけど、整理していない。
脳という部屋。グチャグチャに置いてある考え。乱雑さは日々、増す。
半端な考え。生き残ろうとしてる考え。欲求は冷たく、重く、場所を陣取る。
はっきり言うと、整理はかなりの時間を要するだろう。

---
病院に行ったのだが、ケイコツ(足の下腿骨[かたいこつ]の一部)の疲労骨折の疑いがあるらしい。そこは整骨院なので、レントゲンは撮っていない。別の場所で撮る予定。まぁ、疲労骨折なわけないだろ。そこの医師はとても素晴らしいと感じた。……

[追記・6/30,0:39]
レントゲンは数日前に撮ったわけなんだが、結果は「疲労骨折じゃない」。じゃあ、なんなんやと言うと、「発育障害」だったのよ。簡単に説明すると、運動のやり過ぎ。過剰な運動をしたことにより、運動と発育の均衡が保たれてなかったという感じ。普通は、サッカー部やバスケ部に見られると言われたが、俺はどちらでもない。今は、走るのを抑えろと言われているが…しゃあないから、しばらく足を休めるか。

ここからは、よくわからん話になるかも知れんが

老人ではなく、先生であってほしい
医者ではなく、医師であってほしい
(学校において)
先生ではなく、教師であってほしい

こんなの、俺の屁理屈だろう。しかし、俺が求めるもの。そうでなくては、世界が消える。破滅。肩書きで、教育ができるか?肩書きで人の命が救えるか?世の中のサイクルを経験したのに、ただ老いるのか?

金ほど汚いものはないけれど、だけどやっぱりコインがなくちゃ、食ってけない。ただ、人間が人間に何かする職は、コインじゃ片付かん話。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.