アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

514

5月14日に3回目のライブをしました。


1番目のRe:highziさんはvoとguとbaが女性で、drが男性の4人組バンドです。(女性キーボードもいたけど、サポさんかなあ)
オリジナルとコピーをやっていました。初花凛々(SINGER SONGER)とトワイライト(GOING UNDER GROUND)とライフガード(オリジナル)とあと1、2曲ぐらいやったと思うのですが、僕は控え室で準備していまして、あまり聴く事はできませんでした。申し訳ないです。
そのかわり、夕方のリハはちゃんと聴きました。がっちり耳に入れました。控え室でいろいろ喋りました。すげー話しました。いや、そんな話してないか、いや、話した。シロップの話をした。絵と写真とおにぎりの話をした。僕はソロだったし、しょんぼり感がハンパなかったので、いつかバンドで対バンしたいと本気で思った。ホントに実現して欲しい。その時はオリジナル同士で対バンしたい。


3番目のValsさんは男性vo.guと男性guと女性baと男性drの4人組バンドです。感想はグレイトフルな演奏で、かっこよかすでした、そりゃもう。僕は正直、ギターよりベースが好きなので毎回ベースを要ちぇけらするのですが、ベースすげえよかよかすでした。パワープレイじゃなくて、丁寧な演奏も心がけたいと思った。


4番目のPAMPAS FIELD ASS KICKERSさんは男性vo.guと男性baと女性key.フルートと男性drの4人組バンドです。voさんが留学していた経歴やテロ事件もあったわけで、平和に関する唄を歌ってました。とてもリアルだなあと思った。キーボードとフルートの切り替えが早かった。きっと願っていることは、同じなんだろう、、、、、、と思う。多少、表現が違うだけで。ジャンルが違うだけで。でも、英語っていうのがいい時もあるけど、伝わらない時もあるなと思った。言語観で曖昧になってしまう時もあるのかなあって思った。でも、十分伝わってました。
ドラムさんも留学したらしく、控え室で尊敬するドラマーについて話した。レッド・ツェッペリンのドラマー(ジョン・ボーナム)が好きと言っていた。


5番目のH.EATさんは男性vo.baと男性gu.voと男性drの3人組バンドです。えーと、一言だとジャスティネーションバンドです。テレビ埼玉で深夜や早朝にPV流れていまして(「ジャスティネーション」の)、あの人たちと対バンするのかアと思いました。びっくりやわあ。あのう、ベースのストラップ低っっ!!!!!!!!!!!!!!!と心底思いました。プロだからかまわず弾いてましたが。低いのがお好きなのね。2曲目の前に水筒で一服するなんて、、、、、、、、さすがーと思いました(いろんな意味で)。面白いですね、すごくすごく。観客を飽きさせることを嫌ってますね。ギターさんはジャズマスターでシャリシャリ(そんな音でもなかったけど)弾いてました。グルーブすごいですね。ソロなんで、一人であそこまでは無理だなあと思いました(パソコン使えばぎりぎり、、、、可能かも知れないがやっぱり人間の方が、、)。
最後のジャスティーネションでハンドアップするんですけど、なんか狐らしくて。グーでもピースでもなくて、狐らしくて。みんなで狐ハンドアップしました。面白いなあ、こんこんばっかで。

ベースでフロントマンの畑さんが声を掛けて下さって。なんかめちゃくちゃ話しました。友達になってくれました。10歳近く離れているのにいいい。ツアーをしているから、逢うことはホントに少ないけど、今度はバンドで対バンしたいなあと思いました。「なんで狐ハンドなんですか」って訊いたら、「狐でやりはじめたら、狐になってしもうたー」って、なんか適当すぎて面白い人やなーて思いました。適当は一番適当であることに間違いはないのだが、あーでも、あんな風な生き方もあるなと、ふつりふつり。ちょっと深く考えるのを止めて、ぺらぺらと一緒に話す。





僕は2番目で19時10分に歌いました。
正直ライブの時間は流動的すぎて、毎回記憶があんまり無いです。
とても暗いライブをやった。赤と青の照明をお願いした。

セットリスト
エレキ
-intro
1・トランスペアレントアンブレラ
2・16(instのみ
3・思考犯罪者(仮名
4・514(即興




今回は少し、目的があってライブをした。
暗い音楽を聴いた事が無い人の耳をかっぽこじ開けるために歌った。
何故なら格差を減らすために。暗い世界もあるという思考を増やすために。明るいというか、結局は作品性の問題になっていくんだけれども、
ライブだから盛り上がればいいというわけでは無いと思っている。
いや、盛り上がる日もあってもいい。
あとは気持ちの問題で。
その暗さに耐えれるかどうか。
いや、耐えれるように全力を尽くした。

だけど、伝わってなかったかなあ、、、、、、、、、、、、。
伝わってたかなあ。
歌詞がはっきり聴こえるようにとは言われた。


来月はどうなることやら。


コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/258-b4ffe181

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。