アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間形成

こっちは美術なんやけども、追記で書く。

追記-10:38am 8/15[sat]
3年ぶりの追記ってすごいなあ。
ていうか、言葉が若いなあ。
なんか、鼻息あらい感じがする。それでは、追記します。


今は大きい結論とかはそこまで求めていない。
ある程度の義務とある程度の権利がある限り、統一性も図れないからだ。
答えは意外とシンプルなのかもしれない。
「自分が納得行くまで追求するしかない」。
しかし、そこにも個体差が出て行く。
俺はその個体差のwhyを調べたり、研究してるから、答えが出るまでに時間がかかるのだ。
それまでは、どうしても途上継続な話しになってしまう。
とても悔しい論議だ。
じゃあ、もっとフラットに考えていこう。
俺は絵が好きだった、音楽が好きだった。それは本能だ。
放送大学の授業で心理学があって、ちょっと写メったんですが、
20080815113627

----人格全体に対する遺伝と環境の影響----
遺伝ー40%
非共有環境ー35%
共有ー5%
誤差ー20%

というのがありました。色々調べた結果なんでしょうが、まあ40%は
両親の分身と言ってもいいでしょう。面白い結果です。
より深く証明する為に、双子(一卵性双生児)の実験というのもありました。
一卵性双生児の遺伝子優劣は同じです。その二人が異なる場所や環境で長い長い時間をかけて自立・生活をした場合、性格は全く違うものなのか!?というものです。
結果は、好きなものやクセなど、ほぼ一緒だったのである。
興味があるなら、自分で調べるか、俺にばしばし質問をしてくれい。
(オマケ心理学資料、)

だから、なんで絵を描き出したんだ!!!!!?っと考えても、40%の遺伝の中に答えがあるという風にも考えることもできるのである。実際、俺の親父は絵と音楽をやっていた。
誰かがサッカーや野球を始め出したとかは、遺伝はもちろんなのだが、環境もやはり関係していく。
例えば、優秀な野球コーチが中学の顧問だったらやる気出ませんか!!? 何度も甲子園とか出してたら、信頼できますよね!!? 少なからず、そういう細かい特定要素も遺伝子や、現在進行形の性格に影響して行くのだ。神経などの小さい単位の話しで。
この話しはとても長くなるので、俺に質問して下さい。

美術について書いていくと、
楽しく教えられる人とつまらなく教える人がいる。
それだけで、既に個体差が出てしまった。
しかし、それをどう捉えているというのにも個体差が出てしまっている。
だから、はっきり言うと基準など何処にも無いのである。
せいぜい、学校では多数決で食われていってしまうのである。

教育に個体差があるのに、統一性を求めているのだろうか?
教育に個体差があるのに、責任の定義や、とりようがあるだろうか?
まだ、俺も考えが甘いと思いますが、、、
いつも答えなど無いように感じて来ます。

考える人がいて、考えない人がいて、
ある程度の常識とルールで守られてしまっていると、
俺の立場だと白旗になってしまう。
別に権力が欲しい訳ではないが、
間違ってないと言える、確かな理由を持っていれば僕はその人を讃えたい。
ちょっと美術ありきの話しではなくなりました。
どうも恐れ入ります、、、、、、。。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/31-8d5a1f61

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。