アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛ぼうとしたって、飛べなくたって、飛ぶ気もなくって

最近は地元と東京近辺を行ったり来たり。そりゃあ、出会いはたくさんあって。もしかしたら、ずっと繋ぐ糸になるのかもしれない。

体は死のうが腐ろうが、精さえ生きてりゃ直に蘇るさ…と、暗示をしながら、なんだか曇った空をぼうっと見つめて、雲を掴めないと了知しながらも掴もうとしている感じ。そんな今の心境。暇はありますかと聞かれたら、皆無ですが、時間が今しかないので、教育関連について書こうと思う。また、一つずつ書いてくか。

・教育関連の人とお話をして
ある一人の生徒を教師と先生が教育した時、当然の如く、二つの教育された生徒が形成されるのだろう。教師一人で生徒一人が人生から何から何まで、ぐるりと変わるわけよ。だから、学校の教育というものほど重要なものはない。(あるかもしれんが、類が違う)逆に学校の教育がないと、どうなのだろうか。いや、なくても人間は育っていって、形成されていくから、なくともいいと思ってもいいのかもしれん。ただ、人間を形成するのに、経験というものが必要で、話すのもそうだし、自主的に何かやるのも、何か提案するのも、学校はそのチャンスを与える場所かな。自分の色付けっちゅうような。どんだけの色にするか。道徳観には抵抗があるかもしれませんが、そうやって、批判能力をつけるために、道徳観というのがあるのかもしれないとも考えられる。それは、また、個々の思考によって様々な在り方があるが、またそれも一つの考えで。そんなかで、肯定ばかりでなく、否定を持てる力が必要なんじゃないかな。否定を持つ生徒が少なくなってきてるんじゃないかな。人に群がって、固まって、恐れから、寂しさから逃れたいから群れて、自己主張や自己表明能力がなくなってきちゃうんじゃないかな。しまいには、イエスマンになってしまうのかも。教師からすれば、売店……店ばっか


ごめん!まじ後で。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/42-cee3d247

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。