アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-11
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 pureness loss death 」

days,
days like the minimalism music
yes,
mayby ( I ) cannot grate live when becoming this my hart

Think, think, think, think, and go::::good thinking
Stop, stop, stop, stop, and over go::::stop to the time

どんな唄も
サウンドオブミュージック
コピーだろうが
替え歌だろうが
届けることを見い出したらそこに生まれる
新しいもの
綺麗だと思う
何回も見てきた


そうだ この気持ちじゃ
いいライブができないな

よく 考えて
時を止めて
もっと 考えて
時を止めたような錯覚

ミニマリズムデイズ
どんな唄も
サウンドオブミュージック
コピーだろうが
替え歌だろうが
届けることを見い出したらそこに生まれる
新しいもの

30分の魔法使い
何回も観てきた


立ち上がり

大体色々考えながら生きて来たけど
大体一度切りだから好きに思っているけど

何処かを旋回している様な
何処かを巡回している様な
何かを振り切った様な
何かを割り切った様な

いつか聴いた事がある様な
いつか聴いていた様な
いつか聴いてしまった様な
どこかを
切り離してしまった様な


--------------



[Tell tell a bow.]
同じリズムで生きて来たはずだが
その話しが出来るのは根っこだけ
不思議な事に雫を落とせば
許された大地に戻って来ていた

Tell tell bows, Tell tell a bow.
雨乞いを無視していては
無限の空中遊泳を楽しんでいた
Tell tell bows, Tell tell a bow.
雨乞いを無理していては
無難な空中開拓を企んでいた

嬉しくない部屋で待って それはきっと変化の時さと
思い入れがあるから好きと呼べる
駄々をこねてすぐに手に入れたモノなどつまらないだろう

嬉しくない部屋が賑やかだ それもすぐに消えて行くのか


遠目から自分を干渉しては
その姿は燃えてないと少し起き上がる

遠目から自分を嘲笑しては
その姿は超えてないと少し起き上がる

ねえ少し後ろを振り向いて
いつもあなたが背いていたものはいつもそこに
ブラウン管の涙は
今日も隣人でもない隣人のニュースを告げる

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/493-b0654612

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。