アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある映画を観て感じたこと

もし、今

わたしの目を失ったなら
わたしの眼がなかったら
わたしの視力を失ったなら

わたしは絵を観ることができなくて
わたしは絵を思うように描くことができなくて
わたしは目の前にある画面の文字が読めなくて
あなたの表情が見えなくて
あなたの笑顔が見えなくて
だれかが何しているかなんて、ほとんどわからなくて

暗闇で何をすればよいのでしょう?

そのうち

わたしは残りの四覚を研ぎ澄まし
声が聞きたくて、音が聴きたくて
口ずさんで、寂しさを和らげるでしょう
ものの香りを、臭さを嗅ぎ分けて
においを楽しむでしょう
嫌いだったものの味を噛みしめて
おいしさを味わうでしょう
手の感触、肌の感触、金属をさわって
液体をさわって、氷をさわって
ぬくもりを感じるでしょう

もし、今
わたしが視力を失ったなら、
それでも時間をかけて
絵を描くだろう

コメント

この記事へのコメント

BCはホントに絵が好きなんだなって思った。のっそい安直ですまんprz

あくまで映画で感じたことだけど、実際そうなのだろうと思う。

目とか耳とか、失ってしまって初めて好きだったものとか、日常の大切さがわかるのだろう。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/5-779681b3

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。