アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

junfes2010

20091226082301

こんな時って言うのもありますが、ジャンプフェスタに行ったのです。
主たる目的は、ワンピースの作者の尾田栄一郎さんを見に行くということ。
ジャンプスーパーステージと言いまして、ジャンプにあった応募券を張った葉書で応募して、
見事当たった人がステージを観れるという、、、、当たってしまっとるやないかい。
まさか当たるとは思わなかったが当たってしまったので、行きたいというボルテージはぐんぐん上がった。
12月20日日曜日の回のステージを観る。
の前に、初めてジャンプフェスに行ったということで、いろいろ書こうと思う。

20091226082304

人がいっぱい。
コスプレイヤーもいっぱい。

20091226082232

催し事が多くあるので、とりあえず観たいやつは観て。
格連載作家の原画とネームが見れたのはとても収穫であり感動だった。
創作の刺激を頂けて、何よりの喜びだった。
女性のアップのカットで、口と顔を分けて描いて、それを張って?あって、勉強になった。
生の原画は週刊誌よりも大きいなと。小さくてもおかしいけど。
とにかくとてもためになった。

20091226082230

20091226082227

何名かの仕事現場が紹介されていた。
尾田さんは個室かい!っておもた。
そして、原稿ができるとブザーを押して伝えるらしい。内線っつうか。すげえな。
宴をやるっていいね。

20091226082225

顔の描き方が眉毛からっていうのも知れてよかった。

20091226082223

久保先生の現場もありました。やっぱり広かったです。
タイルなのかね、凝ってるなと。CDもめたくそあるみたいです。
下の方のベッドで休憩?アイディアを練るとか。ベッドが小さいとか書いてたな。
うん、知れてよかった。

20091226082221

尾田さんの使ってる仕事道具たち。
ペンは井上雄彦先生から頂いたものを使ってるそうで。
彩色道具も展示されてた。
うん、知れてよかった。

20091226082219


そしてそして、スーパーステージの話ですが、
尾田さんはユーモアに溢れていましたよ。
最初、虎の着ぐるみ(首までの顔出しタイプ)を装着していた。
声はほがらか?な感じで。
煙が出る機械を使うときは、声優さんたちをいじめまくっていた。
漫画の話とかアニメの話とか、あんまりしたようなしてないような。。笑
大谷さん(チョッパー役)と山口さん(ロビン役)とチョーさん(ブルック役)は
残念ながらビデオレターでの参加でしたが、
とにかく楽しかったです。
尾田さんに会えてよかった。
矢尾さん(フランキー役)ってほんと存在感にある声だなあと思った。
ある程度の訓練によって変えられる声質ではあるが、
フランキー&ボン・クレーの声はやはり魅力的だなあと思った。
どれもやはり魅力的ではありますが。
まあ、ただ率直にその時に感じたこと。
とにかく、
尾田さんに会えて(っつーか傍観?的ではあるが)とにかくよかった。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://bottomcolor.blog10.fc2.com/tb.php/530-99a53e6f

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。