FC2ブログ

アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,
910流箱根をめぐる旅/携帯写真
ふう、携帯の箱根写真あぷできた。ヤターヤター!


一日目
俵石閣
1
盆ご飯。どこの産物なんですかとかさ、聞いてないけどやっぱウマいよね。シメにごはんとお新香と味噌汁が出て来て、やられた。ご飯を沢山食らった。なんか結構呑んだ。

二日目
強羅公園/白雲洞茶苑
2
3
4
500円支払うと、お茶とお菓子を頂き亭主のお話を聞き、さらに白雲洞へとご侵入できる。
5
6
7
8
9
風呂がでかい、豪勢、贅沢。
10
11
ここで燃えてない大文字が見渡せたのである。
12


箱根神社/富士屋ホテル/箱根神社大鳥居/芦ノ湖遊覧船
13
14
15
16
17
18-1
みたらしの水のあふれてすがすがし 朝まうでする神のいがきに(昭憲皇太后)
18-2
18-3
右側が龍の頭に見えました。どことなく。
19-1
19-2
19-3
19-4
箱根神社大鳥居は水面とすれすれで、
芦ノ湖と一体化できるかのような場所でした。
20
21
22
23
24
25
遊覧船に乗った私たちは、
芦ノ湖とお友達になれるかと思いました。
26
27


箱根九頭竜の森/九頭竜神社
28
29
30
もうひとつの場所は着水できる場所で、
芦ノ湖とマブダチになれるかと思いました。
31
32
33



浮かんだ川柳
千を知る はてなき道と 思えども ちりは積もりて いざよろこびを知る
芦ノ湖に うつる朱色をみてはかがやく 風無き水面に 二度くぐる
ゆらゆらと 燃えぬほのをは いささか中文字(ちゅうもじ)
侘び寂びの道はけわし(自由律)
なぜなぜなぜ、それがうつくしい(自由律)
むしあつい 寝待ちの月を みて眠る


おあとがよろしいようで。
格場所について詳しくは書かない。たぶんまた来るでしょう!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.