FC2ブログ

アーティストへの道。あと英語の勉強。The Avant-Garde Communication,Education,AND,,,,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
疑う


まず、俺はbjorkがとてつもなく好きだ。好ぎだ。オラハスギダ!

そもそも俯瞰的な思考の俺が、ポップ街道まっしぐらにいけるわけがない。
オルタナティブやクレイジーやアーティスティックに惹かれるに尽きる。

俺も日本のbjorkになりたい!!本当に。別の次元で。まず、実験精神や反骨精神を受け継いで。
まず、彼女の歌声。あれはどうしたらあんなに魔法みたいな声になるんやと、首を傾げる。
どうやらかなり口を開いているということはわかった。
そしてかなり口に集中してるとみた。
だから、ピアノやアーザーインストゥルメントを同時に使ってのライブってのは、んー恐らく見たことが無い。

そういう曲、一曲作らないとな。。
そろそろライブってのもやらねえとな。。
セッションもうまくなりたい。



幼少期のbjorkの声ってのは、やはり子供っぽいが、粘着的な声気質を感じる。
このねちっこさや粘りッ濃さが、彼女の声の魅力の本質かも知れない。


アイスランド語の巻き舌チックなのも関係してるやろな。


日本語の俺はどうする!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。